手軽にできる手作り「黒豆茶レシピ」と注意点

黒豆茶

芳ばしい香りと、豆の甘味もあり、ほつくりおいしい黒豆茶

黒豆茶は、意外と手間いらずで簡単にできます。ただ弱火でじっくり炒るだけなので、時間がある時にまとめて作りおきしておけばよいのです。

また常時飲みたい場合は、煮豆ではないので丹波の黒豆のような高級品ではなく、皮がはじけたり、ツブのサイズが不揃いの規格外品を探すと安く購入できます。

■黒豆茶の作り方
油をひかずに鉄鍋や焙烙などに黒豆を入れ、鍋が温まれば弱火でじっくり約20分から30分炒ります。皮がはじけても、中の豆も茶色に色づき、香ばしく香おってくるのが目安です。

■黒豆茶の飲み方
【熱湯を注ぐ場合】
カップに黒豆大さじ1杯程度(15g)とお湯180ccを入れ、色が出るまで2~3分蒸らします。

【煎じる場合】
スプーン3杯の黒豆に、水(600cc)から10分程度煎じるとよいでしょう。

カフェインも含まれていないので、お子さんやお年寄り、妊婦さんの体にもやさしく、睡眠前の飲み物としてもおすすめです。飲み終えた後の黒豆は、甘味はありませんが、黒豆の旨味があり、ヘルシーなおやつとしても食べられますし、お米と一緒に炊いて、炒り黒豆ごはんとしてもいただけます。

■注意点
お茶として飲むには、5分程度煎っても色は出ますが、黒豆を食べる場合には、炒りが浅いと消化が悪くお腹を壊すこともあるので、豆を食べる場合は、じっくりと時間をかけて炒りましょう。また、黒豆も大豆ですから、大豆アレルギーなどがある人は、ご注意ください。

参考/
黒豆の健康パワー(フジッコ)
黒大豆・茶大豆に含まれる機能性物質プロアントシアニジン(独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構)
商品テスト情報 黒豆茶(静岡県環境衛生科学研究所)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項