新鮮なシーフードなら、ミ・グスト・エス

MGES_tacos

エビのタコス=Tacos de camaronは外せない絶品料理

MGES_int

思いきりカジュアルな店内はいつも満員

周囲を山に囲まれ、実は新鮮なシーフード料理を食べるのに一苦労……のメキシコシティ。肉料理メインのメキシコ料理を食べ続けるのは耐えられない日本人観光客も多いようです。そこで、ガイドが美味しいシーフードを求めて行き着いたのが、このレストラン=ミ・グスト・エス。大衆食堂に近いノリで内装も素っ気ない(というか倉庫みたい?)のですが、味は保証します。
 
MGES_ext

元々は小さな店舗だったが拡大して、今やビルの1階部分のほとんどが店舗に

メキシコ北部の海岸地域シナロア州の料理を出すこのお店では、新鮮な素材をシナロア州から空輸で運んでいるそうです。かじきまぐろのトスターダス(焼いたトルティージャの上に具を載せた前菜)=Tostadas de marline(トスターダス・デ・マルリン。35メキシコペソ)や、 チレのなかにかじきまぐろを詰め、醤油ベースのサルサに漬けたおつまみ=Toritos(トリートス。45メキシコペソ)、エビとチーズとハムが入ったフライ=Camaron a la mantarralla(カマロン・ア・ラ・マンタラジャ。150メキシコペソ)など、何を食べても安くて美味しい!

なかでも、絶対に試してほしいのがエビのタコス=Tacos de camaron(タコス・デ・カマロン。35メキシコペソ)。新鮮なエビのフライに、キャベツの千切りと特製のマヨネーズクリーム・サルサを添えたタコスで、プリプリのエビがクリーミーなサルサとベストマッチ。さらにトッピングで辛いハバネロ・サルサ、ライム汁を振りかけて食べるのは格別。

14~16時のメキシコの昼食時はとても混雑するので、その時間帯は避けた方がベター。メキシコシティ内にある3店舗のうち、ポランコ地区やビジャ・コアパ地区の支店はエレガントな雰囲気ですが、やはりローカル色が濃いNarvarte(ナルバルテ)地区にある本店がおすすめです。

<DATA>
Mi gusto es Narvarte
住所:Diagonal San Antonio 1709-C entre Dr. Vértiz y Monte Alban
Colonia Narvarte
TEL:52 35 32 17
アクセス:公園=Parque las americasの目の前。地下鉄3号線Etiopia(エティオピア)駅から徒歩10分
営業時間:11:00~19:00