厳選! メキシコシティのレストラン

世界最大級の都市、首都メキシコシティには無数のレストランがあり、メキシコの各地方料理や世界各国料理がいっぺんに楽しめてしまうほど。メキシコシティはコロニア(地区)によって立ち並ぶ飲食店も異なります。世界各国の高級レストランはポランコ地区、洒落たカフェやレストランがあるのはローマ、コンデサ、コヨアカン地区、庶民的なメキシコ料理やタコスなどの軽食を楽しむのはセントロ地区というように、エリアによって、雰囲気ががらりと変わるのです。

ここでは、旅行者でも気軽に行けて、味も確かなレストランをリストアップしました。
日本での飲食代に比べてずいぶんお手頃ですが、メキシコではPropina(プロピナ)と呼ばれるチップが重要。会計にチップが含まれていないことが多いので、食事合計料金の10%程度のチップを別に用意しておきましょう。

紹介するレストランは現地の人たちからも人気ですが、メキシコのお昼時(14~16時)の混雑を避ければ、たいてい予約をしなくても食事できます。


こちらも参考に。
メキシコシティのエリア紹介の記事です>>>メキシコシティのエリアガイド

タコスから地方料理までメキシコ料理全般について紹介しています>>>メキシコ料理

メキシコシティの歴史的中心地区、セントロ・イストリコのレストランを紹介しています>>>メキシコシティ、セントロ地区のレストラン

 

味と雰囲気でメキシコ料理を楽しむなら、ビジャ・マリア

villamaria_int

季節感あふれる店内ディスプレイ。クリスマス時期に使われるくす玉=ピニャータを飾っている

villamaria_mole

特製モーレが鶏肉にかかった、El rey de los moles

イエローを基調にした、いかにもメキシコらしいカラフルな内装や、マリアッチなどのメキシコ伝統音楽演奏が毎日行われることから、海外の観光客から人気が高いメキシコ伝統料理レストラン。ポランコ地区という高級エリアにありながらも、手頃な価格と確かな味で、近隣のオフィスで働く人々も利用するため、昼食や夕食時はいつも込み合っています。
 
villamaria_Ext

閑静な高級ショッピングエリア=ポランコの中心にある

季節によっておすすめメニューを決めているので、その時々によってお店の一押しも変わるようですが、ここの定番はチョコレートやナッツ、チレをブレンドしたメキシコ料理を代表するソース=モーレ。チョコレートのほろ甘苦さとチレのピリッとした辛さ、ナッツのまろやかなコクがたっぷりのモーレが鶏肉にかかった=El rey de los moles(エル・レイ・デ・ロス・モーレス)が149メキシコペソ。テキーラやメスカルの種類も豊富です。英語メニューあり。大人数で行く場合は要予約。

<DATA>
La Villa Maria 
住所:Homero704, esquina Galileo, Colonia Polanco
TEL:5203-0306
アクセス:地下鉄7号線Polanco(ポランコ)駅から徒歩5分
営業時間:13:30~24:00/月~土曜、~19:00/日曜