「VR」ブランド新モデルデビュー!

NIKE VR PRO BLADE

タイガー・ウッズの実使用アイアンに限りなく近づけたという「ナイキ VR PRO ブレード・アイアン」


 
世界的に展開するナイキゴルフのグローバルモデル。
その、ウッド・アイアンの開発を担当しているナイキゴルフ プロダクトエンジニアリングマネージャー、川口洋さんへのインタビュー。2回目です。

日本人スタッフとして、ナイキのゴルフクラブ開発の中核を担う、川口さんに新たに発売される「VR」ブランドのラインアップについて伺いました。


ガイド:グローバルモデルを開発するということは、アメリカはもとより、日本、アジア、ヨーロッパなど世界中のゴルファーに訴求していく必要があります。想定するゴルファーは、どのようにイメージされているんですか?

川口:ナイキでは、ゴルファーを4つのカテゴリーに分けて考えています。
今回、新製品を発表する「VR」のラインだと、ツアープロなどのトッププレーヤーのカテゴリー。そして、アマチュアゴルファーでも競技に出たり、実際にクラブチャンピオンを獲得したりする上級者、シングルプレーヤー、そういったゴルファーをターゲットにしています。
一方、アベレージゴルファーやビギナーに属するようなゴルファーは、「SQ」のラインアップですね。

「VR」ブランドが対象としているゴルファーは、性能ももちろんですが、見た目の美しさに大変こだわります。そして、ボールを意図通りにコントロールする性能も求めます。その上で、その見た目と性能が一致することを求めます。
例えば、性能はすごく良いのに見た目がしっくりこない。見た目と結果が一致しない、ということを上級者は嫌うのです。

ガイド:
11月に新しく発売された「ナイキ VR PRO ブレード・アイアン」と「ナイキ VR PRO コンボ・アイアン」は、まさに見た目の美しさが特徴的ですね。

川口:
「ナイキ VR PRO ブレード・アイアン」は、タイガー・ウッズが使用するアイアンをそのまま製品にするというコンセプトで開発しました。
世界最高水準の軟鉄鍛造技術を用いて、番手間の重量や形状の精度、製品ごとの精度や品質など、非常に高いレベルで実現しています。店頭に並んでいるアイアンが、タイガーのアイアンとほぼそのままといえるほどの高精度アイアンになりました。