ストライダーを中心にランニングバイクの魅力を解説!

ストライダーは補助輪はずしの練習としても人気

ストライダーは補助輪はずしの練習としても人気

「ランニングバイク」とは三輪車代わりに購入する人も多い、ペダルのない自転車のこと。「キックバイク」「バランスバイク(※)」などとも呼ばれており、補助輪外しの練習にも最適と人気を集めています。

ここではガイド一押しの商品「ストライダー」を中心に、ペダルのない自転車について解説します。


ランニングバイクの特長

2歳でも簡単に乗りこなせるのが、ランニングバイクの魅力

2歳でも簡単に乗りこなせるのが、ランニングバイクの魅力

ペダルのない自転車(以後、ランニングバイクと表記します)は、およそ2~5歳くらいの子供向けに開発された、自転車型の乗り物。ペダルなどはついておらず、座って蹴り進む乗り物です。このタイプの乗り物は以前からあったのですが、スタイリッシュな商品が増えてきたことや、補助輪外しのトレーニングにも最適という認識も広まったことから、流行へとつながりました。

「ペダルがなく蹴り進む乗り物」という共通点を除けば、似た商品はたくさんあります。プラスチックや木、スチールフレームなど用いられる素材や大きさ、デザインも色々ですし、中には低年齢の子が乗れるように3輪にして転びにくい設計になっているものも。商品のコンセプトもコンビカーに近いものから、補助輪外しに重点を置いたものなど様々です。

練習すれば、こんな乗り方も楽しめる!

練習すれば、こんな乗り方も楽しめる!

ただ「自転車に乗るためのバランス感覚を養う」という観点でセレクトした場合、ガイドが一押しする商品は「ストライダー」です。BMX用自転車の基本設計を参考にして作られているというだけあり乗車ポジションやバランス感覚がかなり自転車に近いこと、サドルとハンドルの高さ調節幅が広いこと、そしてアクロバティックな乗り方も楽しめることなどがその理由です。

では、ランニングバイクの魅力について、ストライダーを例にご紹介しましょう。

※「ランニングバイク」はストライダー社の商標の一部です。
※「バランスバイク」はラングスジャパン社の商標登録です。

>> ガイド一押しのストライダーとは?