緑が美しい季節になってきました。初夏模様に誘われ、お子さんに自転車の乗り方を伝授しようと考えるパパも多いのではないでしょうか。昔から自転車の練習といえば「荷台を支えながら走るお父さん」をイメージしがちですが、どうやら最近はそれが一番の近道ではないようです。

今回は、子どもに自転車の乗り方を教えるときに効果的な練習方法のポイントを整理してみました。さっそく写真入りで解説していきます。

効果的な練習方法のポイントを整理!

ペダルレンチは必須アイテムです!
ペダルレンチは必須アイテムです!
ポイント1 ペダルを外す!
補助輪があるときとそうでないときとで、最も違う点はバランスです。バランスを崩して転ぶことが怖いのですから、まずはバランス感覚を身につける練習から。そのために邪魔になるのがペダルです。思い切って外しましょう。ペダルを外す際に必要な工具は「ペダルレンチ」のみ。サイクルショップなどで1000~2000円程度で買えます。

サドルは両足がしっかりと地面につく位置まで下げる!
サドルは両足が地面につく高さに!
ポイント2 サドルは両足がしっかりと地面につく高さに!
バランス感覚を覚えるのですから、まずはサドルに腰をかけたときの姿勢に安定感がなくてはいけません。両足が地面にしっかりとつく位置までサドルを下げてあげましょう。

地面を蹴って走ってみよう!
地面を蹴って走ってみよう!
ポイント3 地面を蹴って走ってみよう!
まずはバランス感覚を身に付けるために、自転車に乗ったまま地面を蹴って走ったり、ブレーキを握って両足を上げた状態で何秒数えられるかなど、簡単なゲームを楽しみましょう。


風を感じて走ってみよう!
風を感じて走ってみよう!
ポイント4 風を感じて走ってみよう!
今度は子供に風を切って走る爽快感を味わってもらいましょう。パパはしっかりと荷台を支え、ゆっくりと会話ができる程度の速度で走ります。また、止まる時には必ずブレーキを使う練習をしましょう。


視線は目標方向!前へ!
視線は目標方向!前へ、前へ!
ポイント5 視線は目標方向!前へ、前へ!
自転車の練習をするときに足元を気にしていてはいけません。進む目標はどこですか?目標をしっかりと認識させ、子どもの目線を前へ前へと向けていきましょう。


ペダルをつけて走ってみよう!
ペダルをつけて走ってみよう!
ポイント6 ペダルをつけて走ってみよう!
バランス感覚が身に付き、ブレーキにも慣れてきたら、いよいよペダルをつけるときです。補助輪つきの自転車でペダリングはマスターしているので、スタートの数メートルはパパがアシスト。繰り返し、ブレーキを使って止まる練習をしましょう。


スタートの練習!
最後にスタートの練習!
ポイント7 最後にスタートの練習をします!
最後に、走り出す瞬間のバランス感覚の練習です。踏み込みやすい位置にペダルをセットして、繰り返し練習します。慣れてきたら、横に付き添って走るもよし!目標地点で声援を送るもよし!


上手くいかないときは一緒にクールダウン!
転んだときは一息いれよう!
ポイント8 転んだときは、一息いれよう!
自転車の練習をしていて転んでしまうというのは、避けて通れないことかもしれません。痛みや恐怖心でやる気を失っているようなら、お互いにクールダウン。一息いれましょう。



ガイドよりアドバイス

以上のポイントを抑えても、あっという間に乗れるようになるお子さんも、何時間も何日もかけて乗れるようになるお子さんも、その道のりは子どもの数だけあると思います。また、子どもは恐怖心や緊張感から体のいたるところに力が入ってしまい、パパが思っているよりもずっと体力を消耗してます。練習を打ち切るのであれば、子どもが「もうちょっとなのに、くやしい!」と思っているときがベストなタイミングではないでしょうか。

そして、自転車に乗れるようになったからといって父親の役割は終わりではありません。信号や交差点では必ず安全確認をすること、公園など公共の場ではルールとマナーを守ることなども、しっかりと伝授しましょう!


トップページへ戻る

<関連ガイド記事>
夏休み、パパと逆上がりをマスターしよう!
運動会で、ちょっとだけ速く走る方法
<おすすめINDEX>
今日から実践!仕事と家庭の両立>>子どもと一緒に遊ぶ

<お知らせ>
All About[男の子育て]無料ガイドメールマガジンのご登録はこちらへ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。