将来、補助輪を取る事も考えて、しっかりした自転車を選ぶべき

補助輪付きの自転車を選ぶ際のポイントは?

補助輪付きの自転車を選ぶ際のポイントは?

とくに2歳~5歳の幼児に子供用自転車を選ぼうとする場合、補助輪があるがために自転車選びのポイントを「三輪車」と混同しがちです。でも、補助輪が取れれば自転車として公道を一人で走るわけですから、きちんと「乗り物」としての選び方をしたほうが間違いないでしょう。

補助輪付きの自転車を選ぶ際のポイントについて、まとめてみました。


補助輪はしっかりとしたものが付いていますか?

ボルトの部分はプラスチックカバーなどで覆われていると安心

ボルトの部分はプラスチックカバーなどで覆われていると安心

補助輪はほとんどがプラスチックでできています。そのため、走り続けているうちにどんどん削れてしまいます。今では少なくなりましたが、少し前まで粗悪な製品の中には非常にやわなプラスチックを用いた補助輪をつけているものがありました。これではあっという間に補助輪が痛み、買い換えなくてはなりません。

また、補助輪を取り付けるボルトの部分がそのまま露出していると、万が一足を挟んだ場合に皮膚を傷つけやすくなってしまいます。ボルトはむき出しでなく、プラスチックのカバーなどが付いていると安心です。


足が地面につきますか?

少しでも長く乗れるように、大きめのサイズを購入したいと考える方は多いかもしれません。でも、ちょっと待って!サドルを一番低い位置にした状態で、お子さんの足がきちんと地面に着くでしょうか?

子供は握力が弱く、ブレーキだけでは急に止まることが難しく、とっさの場合には足を地面につけて止めることもよくあります。そのため、足がきちんと地面に着くというのは、補助輪がある頃から大切なポイントの一つなのです。

次ページでは「サドルやペダルの調整機能」について解説します。