マカオの物価は高い? 安い?

発展著しいマカオの町並み(ペーニャ教会からマカオ半島中心部を望む)

発展著しいマカオの町並み(ペーニャ教会からマカオ半島中心部を望む)

マカオは近年急速な発展を遂げ、アジアの中で最も1人当たりGDPが高い地域となりました。マカオを訪れる観光客にとって、現地の物価はどうなっているのか気がかりなところ……。

一般的に、観光客にとってマカオの物価は総じて「安い」と感じるはずです。ただし、安かろう、悪かろうというわけではないのがポイント。豪華な雰囲気漂う4つ星以上のホテルに連泊して、きちんとしたレストランで高級食材をふんだんに使った中華料理を楽しむ、というようなことも夢ではありません。旅の予算の大半を占める宿泊と食事がリーズナブルというのは、なにより嬉しいのではないでしょうか。

円高傾向の今、消費税がないマカオでのショッピングはかなり魅力的なはず

円高傾向の今、消費税がないマカオでのショッピングはかなり魅力的なはず。写真は南灣湖の湖畔に開業した高級ショッピングモール「ワン・セントラル (c) One Central

その他の分野では、交通関連の費用が特に安く、タクシーも財布の心配をせず利用できるほど。さらに、マカオならではの無料シャトルバスシステムがたいへん充実しており、カジノホテルとフェリーターミナルなどの間を移動する際に便利でお得。また、観光についても、見どころである世界遺産は基本的に見学無料。博物館、ミュージアムも公営のものがほとんどで、入場料も格安に設定されています。

最近マカオで充実してきているエンタテインメントでは、ラスベガススタイルのショーや外国ミュージシャンのコンサートチケットなら平均して日本と同じくらいの価格イメージ。ただ、席種によって安いものから高いものまでチョイスが選択肢の幅が広い。政府文化局が主催するアートフェスティバルや国際音楽フェスで催されるクラシックコンサートなど、世界の超大物アーティストの公演でありながらも市民のためにリーズナブルな価格設定をする場合もあり見逃せません。スパやマッサージも日本に比べてお安く感じる価格設定です。

そして何より、マカオは消費税がありません! 現在の円高傾向も相まって、特に高級ブランド品や化粧品などの購入をお考えの人には朗報といえるでしょう。

 

マカオ旅行の予算

3つ星クラスのホテルでも十分快適に過ごせる。写真は「ホテルロイヤル(皇都酒店)」の一般的な客室

3つ星クラスのホテルでも十分快適に過ごせる。写真は「ホテルロイヤル(皇都酒店)」の一般的な客室

3泊4日の旅行を想定し、ホテル代以外でいくらくらい用意して出かければいいか。交通費と観光(世界遺産)は格安なので計算に含めないとして、大きなウェイトを締める食事から。ホテル内と市内の中級以上のレストランを組み合わせるとしても、だいたいランチで1人100~200パタカ、ディナー(ドリンク込み)で300~500パタカくらいが相場です。ショッピング、エンタテインメント鑑賞、スパ・マッサージをお考えなら、それぞれ上乗せして。また、カジノでゲーミングを楽しむ際はパタカではなく香港ドルが必要ですので、カジノ遊びのご予定がある場合は事前にご準備を。

 

ちなみに、マカオでは欧米ほどチップの習慣が浸透していません。レストランなどでは支払いの際にお釣りで受け取った小銭(多い場合はその一部)を残す程度で十分。タクシーではお釣りをきっちりもらっても全く問題ありません。あくまでも「気持ち」ですので。

マカオパタカ

マカオの通貨「パタカ」へはマカオ到着後に両替。両替所では日本円を受け付けるところが大半なので安心。帰国時にパタカから円への両替も忘れずにマカオで!

余談としては、マカオパタカは日本や香港で両替ができません。日本円からパタカへの両替、パタカから日本円への両替は必ずマカオで。市内にはATMや両替所が多数あり、深夜・早朝でも営業しています。マカオではクレジットカードを使えるお店の数が日本や香港と比べて多くないという現状があります。もしカードが使える店だとしても、VISA・MASTER以外のブランドは必ず事前に使用可否の確認を。基本的には現金社会とお考えください。また、高額紙幣(500パタカ、1000パタカ)は「お釣りがない」という理由で拒否される場合もあります。特に市内では100パタカ以下の紙幣と小銭を持っていると便利です。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。