楽しいはずのお買い物やデートが、一瞬のうちに暗転する置き引き被害。ゲームに熱中していたり、ネットカフェやまんが喫茶で過ごしているときにも、被害は発生しています。貴重品は身から離したら盗まれるのです!

《Contents》
  • ショッピング中の被害ケース1……p.1
  • ショッピング中の被害ケース2……p.2
  • ネットカフェでも被害に遭う/被害は確かに起きている……p.3
  • 貴重品は身から離すな!/あなたの一票/関連ガイド記事……p.4


    ショッピング中の被害ケース1

    どちらにしようかな…
    どちらにしようかな…
    会社員のB子さん(27歳)は、お給料日の後の楽しいショッピングをしていました。欲しかったジャケットを見ていると、素敵なカーディガンも気になりました。お店の人が勧め上手で、ついあれもこれもと試着していました。ようやく一番気に入った流行のロングカーディガンを買うことにして、支払いをしようとしてバッグから財布を取り出そうとバッグを探すと置いたはずの場所にありません!

    バッグをどこに置いていたのかというと、姿見の鏡の横の床上でした。鏡に向かって自分の姿を見るのだから見逃すはずはないと思い込んでいたのです。しかし、あれこれと洋服を選んでいるときまで見ているわけはありませんでした。店員は、自分のバッグではないですし、次々と服を選んで勧めるのに一生懸命ですから、注意して見ているということもなかったのです。

    店内にはたくさんの客がいて、出たり入ったりしています。大騒ぎをして、バッグを探しましたが、店内には見当たりません。ショッピングビルの警備室に連絡をして警察に電話しようとした矢先、警備員からトイレの清掃員が女性用トイレのゴミ箱からバッグを見つけたと言ってきました。あらためると、間違いなくB子さんのバッグだとわかりましたが、現金と図書カード、デパートの商品券などが抜かれていました。

    幸い、携帯電話や免許証などの個人情報やカード類はそのまま残っていましたが、お店の人に言っても「当店では責任を負えない」と言われてしまい、やりきれない気持ちでいっぱいになりました。どんな人が近づいていたのか、どんな人が店内にいたのかまったく覚えていませんでしたし、防犯カメラは店内にあったものの、B子さんがいた辺りは映らない場所でした。

    →ショッピング中の被害ケース2……p.2
    →→ネットカフェでも被害に遭う/被害は確かに起きている……p.3
    →→→貴重品は身から離すな!/あなたの一票/関連ガイド記事……p.4