保険料控除証明書には何が書いてある?

年末調整の時期が近づいてくると送られてくる保険料控除のハガキ(保険料控除証明書)。単に保険料控除と言っても生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除などさまざまです。

毎年当たり前のように年末調整をしていると思いますが、保険料控除のハガキをじっくり見るのはたいてい年に1回だけでしょう。記載されている保険料の金額の意味など、結構知らないことがあるものです。

そこで今回は、年末調整の保険料控除ハガキの見方についてお話ししたいと思います。

年末調整の保険料控除とは?

今年支払いをした生命保険料や地震保険料、あるいは健康保険・厚生年金・国民年金保険料などの金額によって所得税が安くなるというもので、所得控除の一つです。

保険料「控除」ですから、支払った保険料分を「差し引く」ことができます。差し引くことができる分だけ所得(要するにその人の儲け)が減りますから、儲けが減る分だけ支払う所得税も安く済むということです。

通常、会社員なら、社会保険料控除(健康保険や厚生年金など)については勤務先で給与天引きされたものは勤務先で一括して計算します。

申告が必要なのは、勤務先で支払い保険料を把握することのできない生命保険料控除や地震保険料控除などということになります。

また、例えば会社を転職・退職して、その間に自分で国民健康保険料や国民年金保険料を支払った場合、勤務先ではこの支払い分について把握することができません。社会保険料控除でも、こうしたものは自分で書類に記入します。

【関連記事をチェック!】
生命保険料控除の書き方・記入例

保険料控除のハガキには2種類の金額が書いてある

保険料控除のハガキを見ると、生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除いずれも2つの数字が記載されています。例えば月払の場合、一つは「証明額」、もう一つは「申告額」というような表記になっています(表記方法が異なる場合があることはご留意ください)。

最初にお話したように、保険料控除は「今年支払った保険料」に対して控除があります。一方、自分の手元にこのハガキが届くのは秋になる頃(10月頃)です。

今年の残りの支払いがすべて完了していない段階でこの証明書が発行されます。ですから、証明書が発行された時点で納付が確定している金額と、実際に今年支払うであろう金額(申告する金額)の2つが記載されているのです。

「書類にはどっちの金額を書けばいいの?」と思う人も多いでしょうが、今年支払うであろう申告額を使います。仮に保険料が月払いであればその12カ月分ということになります。

ただし、生命保険などの更新で保険料が変わる場合や解約をした場合、年間の支払い保険料が変わります。実際に払込した金額と記載内容を確認するのを忘れないようにしましょう。

保険料控除のハガキを失くしたら再発行してもらえる?

保険料控除ハガキは再発行が可能です。ハガキが来ていたはずだが紛失したというのは珍しいことではありません。

会社員の人は勤務先から年末調整関係の書類の提出期日を決められているでしょうから、間に合うように保険会社などに再発行を依頼しましょう。勤務先への提出期限ぎりぎりになってから再発行を依頼すると慌てることになりますから、余裕をもって手配するようにしてください。

なお、保険料控除は冒頭でお話したように「一定の金額を所得(儲け)から差し引くことができる」というものです。

例えば一般の生命保険料控除であれば最高4万円が3種類の控除で計12万円(平成23年12月31日以前の契約なら最高5万円が2種類の控除で計10万円)を控除(差し引く)することができます。

加入している保険の種類(生命保険、医療保険、がん保険、個人年金保険など)と時期で保険料控除の金額の上限が異なります。

「差し引かれた分、税金の計算の元となる所得が減る」というものですから、「保険料控除(差し引くことのできる金額)分がそのまま返金される」という制度ではありません。間違いないようにしましょう。

【関連記事】
誰でも簡単! 年末調整書類の書き方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。