LANがつながらないときは、まずウィルスソフトのチェックをしよう

最初にチェックして欲しいのは、市販のセキュリティソフトの影響です。現在、パソコンショップに行くと、セキュリティ関連の市販ツールが棚の目立つところに陳列されています。「スパイウェア対策/ウイルス対策/インターネットワーム防止/ファイアウォール機能 /不正侵入対策」などの効能があるので、導入された方も多いでしょう。

しかし、これらの製品を不用意にインストールするとLANが利用できなくなる可能性があります。LANを利用しながら、上記のセキュリティ対策を行うこともできますが、「マニュアルも読まずに、いきなりインストールしてしまった」というような場合は要注意です。

筆者がLANの掲示板でトラブル相談を行っていたときの経験ですが、「LANが繋がらない」という原因の半数以上は、市販セキュリティツールの設定にあります。

それでは、具体的にどうすればよいのかということですが、これはセキュリティソフトごとに、そしてバージョンごとに操作方法が異なります。マニュアルのトラブルシュートを参照するか、直接メーカーに聞いてみましょう。特に初心者の方は、後者がお勧めです。

Vistaの設定を確認しよう

次に、Vistaの設定を確認しましょう。
(注)Vistaの場合、以後に述べる設定でVista標準のファイアウォールの設定も適切に行われます。

1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。次に[ファイルの共有の設定]をクリックします。
 

 

2. プライベートネットワークを確認する
 

 

ここで、もしネットワークが[パブリックネットワーク]になっている場合は、[カスタマイズ]リンクをクリックして表示されるダイアログで設定してください。変更方法は、ダイアログの表示を見ればすぐに分かります。

3. 共有と探索の設定を確認する
 

 

下図のような設定になっていれば、結構です。
  • ネットワーク探索→有効
  • ファイル共有   →有効(ここでファイヤウォールの例外の設定も実行されます)
  • プリンタ共有   →有効
  • パスワード保護共有 →無効
もし、設定が異なっていたら次に述べる方法で修正してください。

Vistaの設定を修正しよう

ここでは、「パスワード保護共有」が有効になっていたとします。これを以下の操作で無効にします。

1. 「パスワード保護共有」の右側にある[V]ボタンをクリックします。
 

 

2. 「パスワード保護の共有を無効にする」オプションをクリックします。
 

 

3. [適用]ボタンをクリックして保存します。
 

 

これで設定は終了です。LANが無事につながるはずです。試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。