最新のアクオスは、
エコとネットワークの達人

液晶テレビのリーディングメーカー・シャープがAQUOS(アクオス)のベーシックなラインDシリーズの新製品を6月10日に一斉発売しました。

32V型から52V型まで、カラーバリエーションを含む全10機種で、全てフルハイビジョン、アンダースピーカータイプ、搭載のデジタルチューナーはすべてシングルチューナーです。ラインナップをざっと紹介しておきましょう。
  • LC-32DS6(-B/-W/-R) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ
    予想実売価格 20万円
  • LS-40DS6(-B/-W/-R) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ
    予想実売価格 25万円 
  • LS-46DS6(-B/-W) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ
    予想実売価格 35万円
  • LS-52DS6(-B/-W) 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ
    予想実売価格 45万円
注:Bはブラック、Wはホワイト、Rはレッドの外装色を表す

薄型テレビは目下、省電力を競い合っていますが、アクオスDS6系も低消費電力に最大の重点を置いています。全モデルが2008年度省エネ基準をクリア、もちろん、エコポイント対応商品です。

  型名    消費電力   年間消費電力量 達成率  多段階評価
  • LC-52DS6  275W     225kWh/年     181%   ★★★★★
  • LC-46DS6  246W     200kWh/年     177%   ★★★★★
  • LC-40DS6  202W     163kWh/年     184%   ★★★★★
  • LC-32DS6  149W     125kWh/年     184%   ★★★★★
    シャープアクオスLC-32DS6-R 32V型でフルハイビジョン。堅実派向けのハイCP機

    シャープアクオスLC-32DS6-R 32V型でフルハイビジョン。堅実派向けのハイCP機

アクオスの場合、液晶パネルの開口率とバックライトの光量を巧みに同期させて制御し、電力消費を下げています。また、「無信号電源オフ」や「無操作電源オフ」など、節電機能を搭載しています。部屋の明るさと映像の状況に合わせて、バックライトの明るさをコントロールし、見やすい映像と省電力を両立させています。

今回のDS6系の性能面での特徴は、「高画質マスターエンジン」の搭載にあります。動画解像度の改善とノイズ低減が主な目的で、「Wクリア倍速」が、映像の動きベクトルを検出、動きの補償を行い、映像を見やすくします。同時に、撮影時にカメラがパンすることで生じる撮像ボヤケの補正を行い、映画ソースの24コマの映像を滑らかに映し出します。

もう一つは「アクティブコンディショナー」。視聴中の映像の特徴に応じて、自動的にコントラストや色を調整、信号に乗っているノイズ成分を低減します。細かな動きの被写体の周囲に発生するブロックノイズ、文字の輪郭周辺に発生するモスキートノイズ、暗いシーンの中の色の滲みを改善します。