帝王切開とは、子宮を切開して赤ちゃんを取り出す出産方法

帝王切開での出産数は増加傾向です

帝王切開での出産数は増加傾向。5人に1人は帝王切開で出産する時代。

帝王切開とは、お母さんか赤ちゃんに何らかの理由(逆子など)があって、経腟分娩が難しいと判断された時に、腹壁と子宮を切開して、赤ちゃんを外科的に直接娩出する出産方法のことをいいます。帝王切開には、赤ちゃんの大きさや母親の健康状態などから診断し、陣痛が起きる前に計画的に行う「予定帝王切開」と、お産の途中でトラブルが発生し、母子が危険と判断されたときに行う「緊急帝王切開」があります。

■帝王切開の出産方法・目次  

「帝王切開」という名前の由来は誤訳説が一般的

「帝王切開」はすでに私たちに馴染みのある用語になっているので、そうは感じないかもしれませんが、実に仰々しい言葉です。その由来は以下のように考えられています。

1. ドイツ語では帝王切開のこと「Kaiserschnitt(カイザーシュニット)」といいます。 Kaiserとは、「分離する」「切り分ける」と言う意味のほかに「皇帝」という意味があり、shinittは「切開する」という意味があるので、ドイツ語から日本語にするときに、間違って誤訳されたという説が一般的です。
 
2. 紀元前3世紀、古代エジプトでの帝王切開の記録が残っています。「帝王切開」を意味する言葉をラテン語では「sectio caesarea」といい、 caesareaとは切り刻むという意味ですが、ラテン語からドイツ語に訳される時、「caesarea」を古代ローマの将軍「シーザー」と語訳してしまった。すなわちドイツ語の「Kaiserschnitt」がすでに間違っているという説もあります。

2人に1人が帝王切開で産む時代がくる?!

さて、その帝王切開ですが、かつては「伝家の宝刀」ともいわれ、めったなことでは使用されない出産法でした。ところが、近年、帝王切開は増え続けています。厚生労働省統計によると、分娩(ぶんべん)における帝王切開の割合は、1984年に7.3%でしたが1990 年には10.0%と年々高まり、2009年には全国の帝切率18.4%となりました。ここ20年で帝王切開率は倍増、今や5人に1人は帝王切開で出産する時代となりました。

その理由としては、高齢出産が増えていることが挙げられます。そのほか、不妊治療後の妊娠による多胎妊娠の増加や、若年女性の喫煙率の増加、リスクをできるだけとりたくない医師や産婦・家族の心理など、社会的事情の変化も背景にあります。

世界的にも帝王切開は増える傾向にあり、隣国の中国や韓国は、40%をこえ50%にせまるまでになっています。WHO(世界保健機構)は15%を推奨しているので、あきらかに社会的、人為的な背景がそこには含まれています。

具体的に、中国では糖尿病患者や高齢出産の増加という医療的な背景以外に、「スタイルを維持したい」「出産の痛みに耐えられない」「吉日に出産したい」という産婦側の希望による帝王切開が年々増えていて、病院側も、帝王切開では収益が増収することから、それを受け入れている現状があります。あれだけの人口のほぼ2人に1人が帝王切開で産まれているのです。

日本はすでにWHOの基準を超えましたが、それでも他の先進国と比べるとまだ低く、帝王切開率の上昇に歯止めがかかっているわけではありません。他国を追随して、今後ますます帝王切開が増えてゆく可能性も否定できないのです。

帝王切開は必要な出産方法ではありますが、社会的な背景から、帝王切開が増えてゆく現状には深い危惧をおぼえます。

>> 予定帝王切開による出産の流れ