二年連続一ツ星に輝く「故宮」の味を、バイキングで

ウェスティンホテル大阪のロビーラウンジ。

ウェスティンホテル大阪のロビーラウンジ

大阪のラグジュアリーホテルの中でも「ウェスティンホテル大阪」は開業からはや17年。「ウェスティンホテル&リゾート」の日本第一号ホテルとして貫禄が漂うまでになりました。このホテルは梅田から約10分ほど西に歩いた「新梅田シティ」にありますが、梅田とホテルの間にある大阪駅北ヤードは現在整備の真っ最中。完成すれば新都心隣接のホテルとして、さらに期待されることでしょう。

実はこのホテルの「コーナースイート」は2方が全面ガラス張りで、西梅田の高層ビル群の夜景が手に取るように眺められ、気分転換のためのとっておきの部屋でもあるのです。
「故宮」の入口。

「故宮」の入口

そして、このウェスティン大阪に泊まるもう一つの楽しみが、ホテルの3階にある二年連続一ツ星に輝く中国料理「故宮」。

夜はコースとアラカルトとなっており、ラグジュアリーホテルに相応しい高級路線ですが、昼は特筆レベルにお値打ちなテーブルバイキングが開催されているのです!(もちろんコースもあります)。

王料理長が率いる「故宮」の料理は、「医食同源」をコンセプトにした広東料理ですので、女性にも喜ばれるヘルシー路線なのが嬉しいですよね。しかも大阪では数少ない一ツ星を二年連続で獲得するほどの中華料理ですから、そのクオリティの高さは推して知るべしです。
カトラリー類もセンス良いです。

カトラリー類もセンス良いです

注) 2016年11月1日より、飲茶オーダーバイキングが終了し、「医食同源」をコンセプトにした「口福ランチコース」(7,000円)と「美食ランチコース」(4,500円)の2種類のランチコースが新たにスタート。メニューは2ヶ月ごとに変更予定とのことです。

そして、今回ご紹介するオーダーバイキングでは、そんな料理の数々(24種類)がなんと食べ放題! バイキングは平日限定3850円(美食飲茶)と5000円(富貴飲茶)の2種類あり、特にオススメしたいのが、やはり5000円の「富貴飲茶」コース! このコースには一度だけの限定オーダーとなりますが、フカヒレ姿煮などの限定特選メニューがズラリとラインナップ! 他の24種類の料理に至ってはどれも食べ放題ですから、はっきり言って、これはお値打ちでしょう。

基本的に料理は全て一口サイズですので、まずは全ての種類を一通り食べてから、その後にお腹の調子を考えながら、好きな料理を随時オーダーしていかれるのがベスト。
中国茶が無料というのは嬉しいですね。

中国茶が無料というのは嬉しいですね

また、レストラン専属の茶ムリエこと小田純也さんは、NHK文化教室で中国茶の講師を務めるほか、年に数回、中国や台湾へ訪問し、自らの茶芸になおも磨きをかけておられるそう。 そしてそんな経験豊富な茶ムリエさんが厳選した「龍鳳茶」など3銘柄の中国茶がおかわり自由! 二年連続一ツ星獲得の中華店のフカヒレ料理や点心を含めた24種類食べ放題に、無料の中国茶まで付いて5000円(税サ込)は、スゴイの一言。

次ページから、「富貴飲茶」コースをご紹介!