正常な脳波

▼脳波を取ったことはありますか?

皆さんは、ご自分の脳波を取られた事がございますか?頭に怪我をされたり、てんかん発作などの既往がなければ、あまり脳波を取る機会はないですね。しかし、精神科では、てんかんなどとの鑑別のため、脳波は、比較的多く、取られます。

▼脳波に異常が現れるときとは?

まず、脳波とは何かと、簡単に申しますと、電極を頭部につけて、脳の電気的活動を記録したもので、脳の活動が大まかにわかります。右上の写真をご覧ください。おだやかな波ですね。これは正常な脳波です。脳波の判定は、記録された波の大きさ、周期などをチェックする事によって行われます。

では、どのような時に脳波に異常があらわれるでしょう?大まかに申しますと、脳の活動が異常になった時で、交通事故などで、頭部を損傷したときや、脳腫瘍など、脳内に異物が発生したとき、あるいは、痴呆などで、脳の機能が低下した場合などです。また、てんかん発作の際には、脳の活動が異常亢進し、右下の写真のように脳波は激しくなります。


異常な脳波

映画などで、巫女(祈祷師?)さんが、神のお告げを告げる前に、全身が硬直、痙攣し、口から泡を出して、意識を失う場面があります。やがて、意識を取り戻してから、おもむろに神のお告げを告げますが、これは、激しいてんかん発作と外見が似ています。この巫女さんの脳波はいかなるものか、大変興味深いです。

また、夫婦喧嘩などで、奥様がヒステリー発作を起こされたときの脳波はどうでしょう?右の写真のようでしたら、ちょっと恐ろしいですね。

▼起きているときの脳波と寝ているときの脳波

ところで、起きているときと、眠っているときでは、脳波は異なり、この脳波パターンの違いに基づいて睡眠ステージが分類されています(レム睡眠とノンレム睡眠【睡眠・快眠】)。

一般に、眠りがふかくなるにつれて、脳の活動は低下し、ゆったりした波が多くなります。反対に起きているときは、脳の活動は活発になり、アルファ波と呼ばれる波が多くなりますが、うとうとしてくると、シータ波と呼ばれる遅い波が増えてきます。車の運転などしている時は、シータ波が出ないように、アルファ運転をしましょうね。





<AllAbout 関連サイト>
快適な睡眠をとるためには---睡眠時の脳波についても書かれてます。
音楽療法で癒されるコツ【ストレス】---音楽療法の際の脳波についても書かれてます。
【睡眠・快眠】---睡眠のことならこちらのガイドサイトへ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項