近年では、クリッカーを使用して愛犬のしつけやトレーニングをしている人も以前より増えているのではないでしょうか。「いや、そういうのは初めて聞く」という方のために、クリッカートレーニングの基本についてのお話です。


クリッカートレーニングを始める前に

クリッカー

手の中にすっぽり納まるサイズのクリッカー。「カチッ」という音を犬への合図として利用する:(c)Pmoon


クリッカーというのは、上の写真にあるような小さなトレーニングツールのことです。指で押すと独特の「カチッ」という音がし、その音を利用して犬をトレーニングしていきます。

元々はイルカの調教に使われていた方法ですが、それが犬のトレーニングにも応用されるようになり、徐々に注目を浴びるようになりました。

これをどう利用したらいいのでしょうか? やみくもに使っても、いい結果を出すことはできません。ベースにある理論をある程度理解してから使用することで、スムーズにトレーニングができるようになります。

理論という言葉から何やら難しいトレーニング方法のように聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと犬が正しい行動・望ましい行動をとった時にクリッカーをカチッと慣らし、「そうそう、それがいいことなんだよ」と教えてあげるのです。

つまり、望ましい行動が出るたびにクリッカーを慣らし、それを繰り返すことによって、正しい行動を強化していく(望ましい行動に導いていく)ということになります。

なぜクリッカーの音がトレーニングの合図として使えるのでしょうか? それは、クリッカーの音がするといいことが起こるということを、まずは犬に覚えさせたからです。

クリッカートレーニングでは実質的なトレーニングの前に、クリッカーを慣らしたらすかさず(ほぼ同時くらいに)ご褒美を与えることで、「クリッカーの音がする→すぐにご褒美がもらえる(いいことが起こる)」ということを犬に覚えさせるところから始めていきます。

これによって、犬にとってクリッカーの音が特別な音・合図になるわけです。これが完了してから、スワレやフセなどのトレーニングに入っていきます。

時折クリッカーを買っては使ってみたものの、どうもトレーニングがうまくいかないという話を耳にすることがありますが、それは、この段階をきちんと踏んでいないせいもあるかもしれません。


望ましい行動、よいところだけを犬に意識させる

イルカ

クリッカートレーニングは、犬をはじめ、いろいろな動物のトレーニングに利用でできる。


犬が起こしたある行動に対して何らかの刺激があり、その行動が増えていくことを専門的には「正の強化」と言います。

たとえば、オスワリをしたら(行動)→おやつがもらえた(刺激)→おやつが欲しくてよくオスワリをするようになった、というようなことです。クリッカートレーニングでは、まさにこの「正の強化」を利用してトレーニングをしていくわけです。

この「正の強化」の対極にあると言ってもいいのが「負の強化」です。たとえば、知らない人が体を撫でようとしたのでウ~と唸ってみた(行動)→その人は怖くなり、その場を去った(刺激)→犬はそれが気持ちよかったので、だんだんと人が近づくとウ~と唸るようになった、というふうに。

犬はこうして自分が起こした行動に対し、何らかの刺激を受けることによってその行動を学習していきます。ということは、悪い癖を植えつけてしまうこともできれば、好ましい行動をより引き立てることもできるということです。

クリッカートレーニングでは、犬の行動の好ましい部分だけをクリッカーの音によって犬に意識させることで、叱らずにいろいろなことを教えていくことを可能にします。一度その使い方に慣れてしまえば、きっとその奥深さがわかることでしょう。

実際のクリッカートレーニングの仕方についてご紹介した記事がありますので、興味のある方はそちらをご覧ください。


【関連記事】
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-1
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-2
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-3
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-4
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-5
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-6
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-7
愛犬と楽しくクリッカートレーニング!-8


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。