HTMLを覚えると、より自分好みのホームページを作ることができるようになります

HTMLを覚えると、より自分好みのホームページを作ることができるようになります

HTMLを使った様々なテクニックは、「画像の表示・活用方法」、「テーブル(表)の作成・装飾方法」などのカテゴリ別に、様々な記事でご紹介しています(※このページの左端にあるメニューから選んで覗いてみて下さい)。

下記では、それらの記事でご紹介している「HTMLの編集方法」を実践するために必要な、HTML記述方法の基礎について簡単にご紹介しています。


HTMLで書くこと

HTMLは、ウェブページそのものを記述する言語です。本文の文章を構成する文字列に加えて、文章構造(見出し・段落・引用など)も表現します。本文の文字列以外にも、ページタイトル、要約文、読み込むスクリプトなど、そのページに関する様々な情報を記述しておけます。画像やFlashなどを表示させたい場合も、それらを表示させる指示はすべてHTML中に記述します。


HTMLで書かないこと

HTMLでは、文字色や背景色の指定も可能です。しかし、色や大きさなどの「装飾」に関することはHTMLでは書かず、極力スタイルシートで書くようにしましょう。「文書構造はHTML、装飾はスタイルシート」と完全に分離しておく方が、管理が容易ですし、複数ページでデザインを統一しやすくなります。

HTML(文章構造)+CSS(装飾)=ウェブページ

HTML(文章構造)+CSS(装飾)=ウェブページ


装飾をすべてスタイルシートとして独立させておけば、複数のページ(HTML)で同じスタイルシートを読み込むことができます。その結果、すべてのページでデザインを統一できます。修正を加えた場合も、全ページに同時に修正内容を反映させられます。

【関連記事】
スタイルシートの書き方入門


HTMLソースの表示・編集方法

テキストエディタでソースを編集

テキストエディタでソースを編集

ソース編集 ブラウザで表示しているページの「HTMLソース」を表示させるには、ブラウザのメニューから「ソースの表示」を選ぶだけです。

HTMLソースを編集する(記述する)には、HTMLファイルを「テキストエディタ」に読み込ませるか、「ホームページ作成ソフト」のソース編集機能を使います。

【関連記事】
HTML・スタイルシートのソースを編集する方法