HTML5ってなに?

ウェブページを作る言語としては、HTMLやXHTMLが使われています。では、最近よく目にする「HTML5」って何でしょうか? 今回は「HTML5」について、簡単にご紹介いたします。

次世代のHTML
HTML5は、現在のウェブ上で広く使われている「HTML4」や「XHTML1」の後継となる新しいHTMLです。まだ仕様は確定していませんが、主要なブラウザでの対応は始まっていて、既にHTML5で記述されたウェブサイトも増えてきています。

「別の言語」ではなく、「改善され・便利になったHTML」
HTML5は、「まったく新しい言語」というわけではありません。基本的には「従来のHTML・XHTMLに、便利な機能を加えた言語」だと言えます(※正確には、加えただけでなく、変更・廃止された仕様もあります)。

記述は難しくない!
HTML5の記述は難しくありません。書き方は、従来のHTMLやXHTMLとほぼ同じです。それどころか、もっとシンプルに書けるようにすらなっています。
 
HTML5は従来のHTMLとどこが違うのでしょうか。詳しくは次のページで。