ホームページの作り方には主に4つの方法がある

ホームページを作る

ホームページを作る

個人や小規模企業などで初めてホームページを作成する場合には、大きく分けて以下の4通りの作り方があります。ホームページの目的や自身のスキルに合わせて適した方法を選択すれば、手間暇を掛けることなく簡単に作成できるでしょう。

  1. ホームページ作成ソフトを使って作る
  2. CMSツール(ブログツール)を使って作る
  3. ウェブ上のホームページ作成サービスを使って作る
  4. テキストエディタを使って作る

ホームページの作り方を選ぶ基準4例

ホームページの作り方を選ぶ基準4例

それぞれの作り方には、様々なメリットとデメリットがあります。詳しい内容は次のページ以降で解説しますので、まずはざっくりと「自由度」・「必要スキル」・「費用」・「準備の手間」の4点での比較をご紹介いたします。

※ソフトウェアもサービスも千差万別ですから、すべてが以下に記す内容に必ず当てはまるというわけではありません。


 

自由度から見たホームページの作り方 (作成や運営の自由度)

自由度

自由度で比較 (※各種ソースを直接記述できる方法が、最も自由度が高い)

何と言っても、望んだホームページが作れなければ意味がありません。最も自由に作成できる方法は、自力でソースを記述する方法です。テキストエディタは、白紙の状態で1からソースを記述する方法なので何でも実現可能な自由度はあります。

とはいえ、1からソースを記述できるスキルを持つ方は本記事を読んではいないでしょう。ホームページ作成ソフトには種類が多数あり、ソースを自由に編集可能な機能を持つソフトもあります。そのようなホームページ作成ソフトなら、テキストエディタと同じように自由度は最も高いと言えます。


 

必要スキルの低さ(=簡単さ)から見たホームページの作り方

必要スキル(※低いほど簡単)

必要スキルの少なさで比較 (※マウス操作でパーツを選ぶだけで形が作れる方法なら、あまりスキルを必要としない)

マウスを使って必要なパーツを選択することでホームページを作る方法なら、必要なスキルは少なくて済みます。「ホームページ作成ソフト」や「ウェブ上のホームページ作成サービス」なら(※)、マウス操作を中心にしてホームページが作れますので、初心者でも使いやすいでしょう。

※どちらもマウス操作でホームページが作成できる点では同じですが、画像加工やロゴ作成のような付属機能の多さや、解説書籍の多さなどの点から「ホームページ作成ソフト」の方を上位にしました。


 

費用面から見たホームページの作り方

費用

費用で比較 (※どの方法にも無料で済ませる方法がある)

初めてホームページを作るなら、あまり費用を掛けずに安く済ませたいものです。幸いなことに無料で使えるソフトウェアやサービスが多くあります。右図は比較表としては意味が無いかもしれません。どの方法にも無料のものがあるからです。

右図は、市販製品や有料サービスを使う場合に掛かりそうな額を参考にして並べました。CMSツールは企業向け製品では高額なので最下位にしましたが、例えば代表的な「WordPress」には無料版しか存在しないので、その点では最上位です。どの方法にも無料で済ませる選択肢があるということですから、安心して選んで下さい。

※ここでは公開にかかる費用(=サーバ料金など)は考慮していません。

準備の手間から見たホームページの作り方

準備の手間

準備の手間で比較 (※公開場所の確保、アップロードの手間、ソフトウェアのセットアップなど、準備にかかる手間を比較)

ホームページはデータを作成しただけで完成するわけではありません。インターネット上のどこかに公開する必要があります。つまり、公開スペース(※)を用意して、そこへアップロードする方法が必要です。

作成と同時に公開したことになる「ウェブ上のホームページ作成サービス」が、最も準備が不要な方法でしょう。それ以外の方法だと、公開場所の確保や、アップロード作業・セットアップ作業などが必要です。

※公開スペースの確保方法としては、無料のホームページスペース提供サービスを利用する方法、お使いのプロバイダ(ISP)が提供しているスペースを使う方法、レンタルサーバを契約して使う方法などがあります。使いたい機能に応じて選ぶと良いでしょう(公開スペースの選び方まで含めると話が長くなるため、本記事では割愛しています)。

ホームページの作り方を選ぶその他の基準+2

ホームページの運営を続けていると、大規模な改修をしたり、引っ越し(公開場所の移転)をしたりなど、様々なリニューアルをしたくなることもあります。その点も考慮するなら、下記の2つの基準も「ホームページの作り方」を選ぶ参考になるでしょう。

共通デザインのページを多数作る場合や、ブログを中心にしたい場合はCMSツール
複数ページの一括管理

複数ページの一括デザイン変更が楽

1種類の共通デザインで多数のページを作りたい場合や、ブログを中心にしたホームページを作りたい場合には、CMSツール(ブログツール)が最も効率が良くて便利です。

CMSツールは、あらかじめ作成しておいたテンプレートの中に本文を流し込む形で新規ページを追加していく作成スタイルです(ブログがまさにそうです)。テンプレートを修正するだけで、全ページのデザインを一括して変更できるため、デザインのリニューアルが容易です。


 
移転のしやすさ(バックアップのしやすさ)なら、ローカルに保存される方法が便利
移転のしやすさ

移転のしやすさ

ホームページを「PCにインストールして使うソフトウェア」で作成していれば、作成したデータはローカル(=自身のPC内)に保存されます。データがローカルにあるなら、移転もバックアップも簡単です。単にアップロード先を変更するだけで移転できますし、ファイルをコピーするだけでバックアップもできます。

※ウェブ上でのホームページ作成サービスだと、他のサービスに乗り換えるのは困難です。CMSツールでは、ウェブ上のデータベースからデータをダウンロードしないといけないため、移転やバックアップは若干面倒です。


 

自分に合ったホームページの作り方は?

この記事をお読みの方は、ホームページ作成を「難しそうだ」とお考えかも知れません。ホームページ(ウェブサイト)と言っても様々ですから、実現したい内容によっては高いスキルが必要になる場合もあります。しかし、ホームページは必要に応じて拡張していけば良いので、最初のとっかかりとして作成するだけならとても簡単です。最初の一歩の作り方を正しく選択すれば、少しずつ拡張する形で楽に望みのホームページを作れるでしょう。

これだ!と思える作り方を選ぶ

これだ!と思える作り方を選ぶ

上記の各面での比較から、「自分に合うのはこれだ!」と確信できたなら、その方法を選択されるのが一番です。しかし、イマイチどれを選べば良いか分からない……という場合には、次のページ以降で各方法のメリット・デメリットを簡単に解説していますので、ぜひ参考にして下さい。


 
それでは次のページから、ホームページを作る4通りの方法について、1つ1つのメリット・デメリットを見ていきましょう