あなたは知ってる?テキストとHTML

メールマナー
アドバイスを受けた場合は速やかに直して。同じ間違いを繰り返さないように
署名を無事設定したHさんですが、今度は「メールが重いから、テキスト形式にしてくれる?」とリーダーより連絡がありました。さて、メール形式の違いとは?

まず、HTML形式とは、ホームページと同じ形式で作られているメールです。そのため、文字の色や大きさを変えたり、音楽までつけることが可能です。
ただし、こちらのパソコン環境に準じて作ってしまうため、相手側が対応していないと、文字が化けてしまったり、スパムメールとしてはじかれてしまう場合もあります。

テキスト形式とは、文字で構成されているため重さも軽く、パソコン環境に関係なく開くことができます。ただし、機種依存文字を使用すると文字が化けてしまうので、注意が必要です。

Outlook Expressでのメール形式変更

Outlook Expressの場合、

「ツール」→「オプション」→「送信」のタブの「メール送信の形式」から設定できます。ちなみに、購入時の設定は「HTML形式」になっています。ビジネス用にぜひ変更することをおすすめします。

ただ、通信環境が整ってきた今日では、多くの情報を伝えるために、企業からのメールマガジンなどでもHTMLが使用されるケースが増えてきました。
ビジネスメールにおいても、以前のように、「何が何でもテキスト形式!」という習慣はなくなったようです。


そんな重いデータを送ってこないで!