無料のものを探す

image
お金をかけなくても学べる方法も多い
公開講座には参加無料のものと有料なものの2種類がある。無料のものは大学開講○年記念、とか○○受賞記念、など何かを記念して大学PRを兼ねたものや、地域社会貢献のための○○市民対象の市民講座、寄付講座などがある。地域の広報や大学のホームページなどに情報が掲載されることが多いので、マメに情報収集しよう。

ちなみに有料の場合、大学によって費用は異なるが、1回2,000~3,000円前後のものが多いようだ。例えば毎月2回開催の全10回講座であれば、10回×3,000で、3万円程度になる。たまに500円とか1,000円などの単発講座もあるが、いずれにせよ開講数や内容、そして大学によって、金額は異なるので要確認。


・(2ページ目)自分に合った公開講座の見つけ方:目的から探す


・(3ページ目)受けたい場所(大学)から探す


【関連記事】
・2007春注目の大学公開講座
・スタートの春!自分を磨ける海外移住先は?
・「団塊」のための大学&新資格登場
・春の適応力診断(ビジネス編)
・春から始める”新”手帳術
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。