高校中退、トリマーから獣医師を目指す最短ルートは?

image
動物にかかわる仕事がしたい人が増えている

【読者からの相談】(インドネシア・バリ島在住、26歳女性、トリマー)
小さいころから動物が大好きで将来は絶対動物に携わる仕事がしたい!と夢見ていました。
高校は進学校に進んだのですが、1年の時に中退。その後、犬関係の仕事をしながら専門学校に通いトリマー(ペットの美容師)になりました。今から7年前にバリに来て、20歳のときにやはり獣医師になりたい!と、インドネシアの大学(獣医学科)を目指して勉強を始め、高校中退だったので、必死に勉強して大検を取りました。

しかし、バリ島の急激なペットブームにより、他国他島より沢山の犬猫が入って来たことに伴い、トリミングの必要性、皮膚病の発症が増え、大学受験ではなくトリマーとして“皮膚病わんこゼロ”を目指すことを選び、現在に至ります。

重症の犬や、瀕死の犬を目の当たりにすることも多々あり、またトリマーとして出来ることの限界を感じ、やはり獣医師になりたい!と日に日に思いだけが強くなっています。正直、学力は現役中学生にも及ばないと思うのですが、ここでもう1度死に物狂いで勉強して、とことん夢を追いかけたいとネットでいろいろ調べていたところ、このサイトにたどり着きました。

金銭面的にも私学を目指すのは非常に厳しく、国公立の大学(獣医学科)の入試情報を自分なりに調べてみたところ、大学を出ていない私には、一般入試で目指す他、方法はないのでしょうか。センター入試(5教科7科目)と各大学の試験、正直現役受験生と肩を並べられる学力に達するまで何年かかるのだろうと不安です。あるサイトには社会人が一般入試を突破して獣医学科に入るのはまず無理!と書かれていました。(以下略)
---

この読者の方の学歴から、獣医師を目指すにはどのような方法があるだろうか?今回は受験の専門家に聞いてみた。

「この方法が近道!」「今からすぐ準備すれば、来年夏には獣医学部編入試験受験が可能!」→次のページへ