両方に挑戦してみては?

image
子育てと勉強の両立は可能です!
次に2つ目の「子供が欲しい」&「年齢」について考えてみたい。いくつになっても学ぶことは出来るが、自分の子供が欲しい女性にとっては、年齢は大きな問題だ。30代後半であれば、妊娠&出産のタイムリミットが近づいているし、学ぶことと子供を両天秤にかけて、どちらか一方を選ぶのは難しい決断だと思う。


それなら思い切って両方に挑戦してみてはいかがだろうか?

最近は不妊という言葉を聞く機会も多く、すぐ子供が出来る人もいれば、なかなか子供を授からない夫婦もいる。子供はすぐ出来るとも、出来ないとも言えず、やはり神様からの授かりものなので、それがいつ届くかは誰にもわからない。そのギフトを受け取る準備だけはしておいて、勉強は続けていこう。

健康な妊婦であれば、出産当日まで自分で身体を動かすことは出来るが、やはり大事を取って出産予定日の1~2ヶ月前には休学が必要になるかもしれない。また出産後2~3ヶ月は育児に追われて勉強を継続するのは難しいと思うので、最低でも半年くらいは学校を休む必要性が生じるだろう。

仮に大学在学中に妊娠が分かって休学したい場合、どのような取り扱いになるのだろうか?私立、国立大学法人、通信教育の3つの大学に学生が妊娠した場合の休学について、問い合わせてみた。
慶應義塾、東京大学、放送大学の場合→次のページへ