複数の図形を組み合わせて自作したイラストや図表や地図などは、完成後に「グループ化」して1つにまとめておくといいでしょう。図形が独立した状態のままでは、あとから移動したりサイズを変更したりするときに、ひとつひとつの図形ごとに操作しなければならず手間がかかります。複数の図形を「グループ化」して1つにまとめておけば、移動やサイズ変更などもまとめて行えます。

すべての図形を選択する

ここでは、スライドに作成した地図を使ってグループ化の操作を行います。以下に示すスライドの地図は、四角形や円、テキストボックスなどのたくさんの図形で構成されています。まず、地図を構成している図形をひとつ残らず選択します。
地図全体を1つの図形として操作できるように「グループ化」してみよう

地図全体を1つの図形として操作できるように「グループ化」してみよう

「Shift」キーを押しながら図形を順番にクリックしていく方法もありますが、図形の数が多いと時間がかかります。このようなときは、「オブジェクトの選択」機能を使って、グループ化したい図形全体を囲むようにドラッグする方法が便利です。

それには、「ホーム」タブの「選択」から「オブジェクトの選択」をクリックします。
PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「オブジェクトの選択」ボタンをクリックする

PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「オブジェクトの選択」ボタンをクリックする

続けて、スライドの地図全体を囲むように、左上から右下に向かって四角形を描くようにドラッグします。
ドラッグする内側にすべての図形が含まれるようにするのがポイントだ

ドラッグする内側にすべての図形が含まれるようにするのがポイントだ

そうすると、ドラッグした内側の図形にハンドルが付き、すべての図形が選択されたことが確認できます。
地図を構成しているすべての図形のまわりにハンドルが付いた

地図を構成しているすべての図形のまわりにハンドルが付いた

このとき、ひとつでも選択できていない図形があると、正しくグループ化することができません。その場合はもう一度左上からドラッグし直します。