パワーポイントで作成した複数の図形は「グループ化」すると便利

複数の図形を組み合わせて自作したイラストや図表や地図などは、完成後に「グループ化」して1つにまとめておくといいでしょう。図形が独立した状態のままでは、あとから移動したりサイズを変更したりするときに、ひとつひとつの図形ごとに操作しなければならず手間がかかります。複数の図形を「グループ化」して1つにまとめておけば、移動やサイズ変更などもまとめて行えます。

<目次>  

すべての図形を選択する

ここでは、スライドに作成した地図を使ってグループ化の操作を行います。以下に示すスライドの地図は、四角形や円、テキストボックスなどのたくさんの図形で構成されています。まず、地図を構成している図形をひとつ残らず選択します。
地図全体を1つの図形として操作できるように「グループ化」してみよう

地図全体を1つの図形として操作できるように「グループ化」してみよう

「Shift」キーを押しながら図形を順番にクリックしていく方法もありますが、図形の数が多いと時間がかかります。このようなときは、「オブジェクトの選択」機能を使って、グループ化したい図形全体を囲むようにドラッグする方法が便利です。

それには、「ホーム」タブの「選択」から「オブジェクトの選択」をクリックします。
PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「オブジェクトの選択」ボタンをクリックする

PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「オブジェクトの選択」ボタンをクリックする

続けて、スライドの地図全体を囲むように、左上から右下に向かって四角形を描くようにドラッグします。
ドラッグする内側にすべての図形が含まれるようにするのがポイントだ

ドラッグする内側にすべての図形が含まれるようにするのがポイントだ

そうすると、ドラッグした内側の図形にハンドルが付き、すべての図形が選択されたことが確認できます。
地図を構成しているすべての図形のまわりにハンドルが付いた

地図を構成しているすべての図形のまわりにハンドルが付いた

このとき、ひとつでも選択できていない図形があると、正しくグループ化することができません。その場合はもう一度左上からドラッグし直します。
 

「グループ化」で1つにまとめる

すべての図形が選択できたら、「描画ツール」の「書式」タブにある「グループ化」ボタンから「グループ化」をクリックします。
PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「図形の調整」ボタンから「グループ化」を選ぶ

PowerPoint2003では、「図形描画」ツールバーの「図形の調整」ボタンから「グループ化」を選ぶ

地図を構成している図形のハンドルの付き方が変わったのがわかりますか?
グループ化する前は図形ごとにハンドルが付いていましたが、グループ化後は地図の外側だけにハンドルが付いています。
グループ化すると、図形ごとのハンドルが消えて、地図のまわりだけにハンドルが付く

グループ化すると、図形ごとのハンドルが消えて、地図のまわりだけにハンドルが付く

これで、複数の図形を「グループ化」してひとつにまとめることができました。
 

グループ化後は移動やサイズ変更も楽々!

グループ化した図形は、1つの図形として扱えます。たとえば、地図をもう少し右側に移動したければ、地図の外枠にマウスポインターを合わせてそのまま移動先までドラッグするだけですべての図形をまとめて移動できます。
グループ化すれば、図形ごとに個別にドラッグして移動する必要はない

グループ化すれば、図形ごとに個別にドラッグして移動する必要はない

また、地図全体を縮小したければ、地図の外枠に付いているハンドルにマウスポインターを移動して内側にドラッグします。
四隅のハンドルを「Shift」キーを押しながらドラッグすると、元の地図の縦横比を保持できる

四隅のハンドルを「Shift」キーを押しながらドラッグすると、元の地図の縦横比を保持できる

地図全体のサイズを縮小できた

地図全体のサイズを縮小できた

地図をコピーしてほかのスライドやほかのソフトに貼り付けるときも、クリックするだけで地図全体が選択できるので便利です。

グループ化した状態で個別の図形の色を変えたり、テキストボックスのフォントやフォントサイズを変えるといった編集は可能です。ただし、あとから追加した図形は自動的にグループ化されるわけではありません。そのときは、「描画ツール」の「書式」タブにある「グループ化」ボタンから「グループ解除」をクリックして、いったんばらばらの図形に戻してから再度グループ化します。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。