大井町と溝の口とつなぐ大井町線の、
自由が丘、田園調布にほど近い街、尾山台

大井町線尾山台駅
東急大井町線尾山台駅。線路を挟んで駅舎は上り方向、下り方向にそれぞれ分かれている。駅だけ見ていると田舎の路線のようにも見える

尾山台と聞いて、ぱっとその位置が思い浮かぶ人はかなり東京を知っている人でしょう。が、場所を聞けばイメージが付くかもしれません。尾山台があるのは京浜東北線大井町と東急田園都市線二子玉川を経て同線の溝の口までの間をつなぐ東急大井町線。この路線は途中東急東横線自由が丘と交差しますが、自由が丘と二子玉川の間、多摩川と平行するように走る区間にあるのが九品仏(くほんぶつ)、尾山台、等々力(とどろき)、上野毛の4駅。いずれも多摩川の河岸段丘の上に駅があり、高台にお屋敷の広がる住宅街です。

東急大井町線と他路線の位置関係は?

周辺地図
東急大井町線と他の東急沿線、幹線道路などとの位置関係を概念的に表してみた


南口には
石畳の美しいハッピーロード尾山台

ハッピーロード尾山台
ハッピーロード尾山台。植えられているのはハナミズキやこぶしなど。駅から環状八号線まで続く
そのうち、尾山台は駅前から南に走る、平成元年に完成した石畳の美しい商店街、ハッピーロード尾山台で知られています。通常、石畳のある商店街というと歩道だけが石畳ということが多いのですが、ここは車道までも石畳になっており、他とは違う風情。歩道には整然とした並木に、商店街の方々が手入れ、植え替えをしているという花も植えられ、全体に洒落た雰囲気。それを利用して、何度か、テレビドラマのロケ地となったこともあるとか。私は見たことがないのですが、詳しい人に聞いたところ「今週妻が浮気します」「曲がり角の彼女」などいくつかの作品を挙げてくれました。年に一度、尾山台フェスティバルなるイベントも開催されています。

区立尾山台地区会館
会議室や和室、図書館などを備えた尾山台地区会館。地元のコミュニティによく利用されている
また、商店街の途中には図書館が併設された世田谷区立尾山台地区会館があり、少し離れて区立尾山台地域体育館も。買い物以外にも利用できる商店街なのです。その他、商店街で目立つのが花屋さんと美容院。女性が多いこと、我が家を飾る、生活を大事にする住民が多い街であることが想像できます。

オーボンビュータン
全国の甘いもの好きに知られる名店オーボンビュータン。ここで作られたお菓子がブームになったこともしばしば
もうひとつ、この商店街で忘れてはならないのが、甘いもの好きには知られたお店、オーボンビュータン。洋菓子界の重鎮と言われる河田勝彦シェフの店で、店構えはさほど大きくありませんが、世田谷マダムはもちろん、全国にファンのいる名店。甘いものはそれほど好きではない私もここのお菓子なら、文句なく「いただきます!」です。

多摩川河岸段丘上には
有名人も多いお屋敷街が

坂の途中のお屋敷
環状八号線を越えると多摩川に向かって下り坂が続く。途中にはお屋敷、古墳などが
さて、商店街は環状八号線までで、道路を渡るとその先は住宅街。まっすぐ多摩川方向へ続きますが、途中には急な坂があり、坂の上、途中まではお屋敷街になっています。区画の広さでいえば50坪(165m2)は当然として、それ以上の100坪、200坪もあり、全体に広大。立派な日本家屋やスタイリッシュなデザイナーズなどはもちろん、敷地内に離れやアパートのある住宅もあります。ちなみにこのエリアにはテレビドラマでおなじみの女優さんやタレントさんなども多く居住しているとか。場所によっては田園調布よりも地価が高いこともあります。隣駅等々力駅からも等距離というような場所になると、駅からは10数分歩くこともありますが、それでも価格は高値で安定しており、人気のほどが伺えます。

谷沢川
尾山台、等々力と玉堤、谷沢川を挟んで地名が変わる
坂を下ると、街の風景は一変します。下りきったところに谷沢川という小さな川があり、それを越えると町名は玉堤になるのですが、ここは多摩川の河原の延長のような平坦な場所。中央に東京都市大学(旧武蔵工業大学)があり、駅から遠いこともあり、駐車場や資材置き場なども点在しています。平成21年度の路線価で見ると、谷沢川を挟んで尾山台2丁目と玉堤1丁目では1m2当たりの地価が50万円と35万円となっており、土地の高低と駅からの距離が価格に大きく反映していることが分かります。

続いて次のページでは自由が丘にも近い駅北側の様子などを見ていきましょう。