住宅街の中に農地も点在、
のんびりした風情の駅北側

等々力通り沿いの農地
等々力通り沿いの農地。通り沿いには集合住宅があるが、それ以外は一戸建てが中心の住宅街
駅の北側も見ておきましょう。駅正面の尾山台いちばを始め、北口側にも商店街があり、駅から等々力通り(奥沢と上野毛をつなぐ、大井町線と平行して走る通り)周辺が繁華なエリアです。この通りでは2010年2月現在、スーパーの建設が進められており、買い物の利便性が一気にアップしそうです。北側の住宅街は南側の高台に比べると規模は小さくなりますが、整然と方形に区画されており、低層の住宅が中心。ところどころに農地が残されているなど、のどかな雰囲気もあります。

九品仏
九品仏浄真寺は3年に一度行われるおめんかぶりと呼ばれるお祭りや、世田谷区の花、鷺草でも知られる
ちなみにこの等々力通りを自由が丘方向に向かうと左手に隣駅、九品仏の名の由来となった九品仏浄真寺という浄土宗の古刹があります。尾山台周辺には住宅の緑は多いものの、公園が少なく、大きな緑地といえばここが最寄り。尾山台が宅地として開発されたのは大正後期、田園調布に続く時期ですが、浄真寺のあった場所は室町時代の奥沢城の跡地で、街自体の歴史ははるかに古いことが分かります。

九品仏駅
大井町線は駅間が短く、500m足らずしかない区間もある
また、北側は場所によっては自由が丘から歩けることもあり、南側同様、駅から多少遠い立地でも人気は変わらず。最寄り駅が尾山台と表記されている物件で、現地は目黒通り近く、歩くと10数分という例もよく見られます。

乗り換えれば複数路線が利用可、
車での移動にも便利


冒頭で説明した通り、大井町線は直接都心に向かう路線ではないため、都心に出るためには大井町、二子玉川、自由が丘、旗の台で乗り換える必要があります。しかし、乗り換えすれば京浜東北線、りんかい線、東急田園都市線、東急東横線、東急目黒線が利用できますし、各線に乗り入れしている地下鉄を考えれば、かなりの路線が使えます。後は乗り換えの手間をどう考えるか、という個人の判断でしょう。

環状8号線
環状八号線沿いにはカーディーラーやファミリーレストランなどの店舗が並び、マンションも少なくない
車利用では環状八号線、目黒通りに加え、第三京浜玉川IC、東名高速東京ICにも近く、一般道、高速道路いずれも利用しやすい立地です。しかし、幹線道路を除けば全体に交通量は少なく、静かな環境が保たれています。

最後に気になる東急大井町線尾山台の住宅価格を見ていきましょう。