都心へ、郊外へ、
3線3駅が利用できる足回り

京浜東北線大井町駅

線路を挟んで東西を結んでいるのが駅ビルアトレ。こちらは東側

品川のひとつ隣、京浜東北線大井町駅は東急大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線の3線が乗り入れるターミナル駅。京浜東北線は大船~大宮間を結び、横浜から都心を通って埼玉へ通じる路線ですから、都心へも、横浜へも、さいたま市方面へも直通と、これだけでも足回りは便利です。りんかい線は国際展示場、新木場など湾岸部に向かうとともに、埼京線とも乗り入れており、渋谷、新宿、池袋などに直通です。ただし、りんかい線は隣駅大崎まで200円とちょっと高めです。

 

東急大井町線

東急大井町線急行。線路右手にはJR東京総合車両センターの広大な敷地が広がる

もう1路線が東急大井町線。渋谷~二子玉川間が開通するまでは東急田園都市線の始発駅で、終着となる駅も二子玉川でしたが、2008年に溝の口まで延伸され、さらに急行も登場。一部の電車は鷺沼、長津田まで直通しています。ただし、大井町線とJR西口は改札が向かい合っており、乗換えも比較的短い距離で済みますが、りんかい線となるとちょっと距離があるという印象もあります。

 

バス

京浜東北線中央口正面のバスロータリー。写真は中目黒経由渋谷駅行き。写真右手がJRの大井町駅、正面奥に東急大井町線の駅がある

京浜東北線の東側を走る京浜急行線は国道15号(第一京浜)を並行して走ってもおり、車利用ではここを経由して山手通り、首都高速などを利用するのが便利です。また、駅前からは都バス、東急バス、京急バスが発着しており、渋谷などの山手線ターミナルのほか、羽田行の便も出ています。

 

駅周辺に大型商業施設、
区役所など公共施設も集中

駅東側

京浜東北線大井町駅東側には大型家電量販店と総合区民会館きゅりあんがペディストリアンデッキでつながれている。その下はバス、タクシーのロータリーになっている

これだけの路線が利用でき、かつ古くから東海道沿いで栄えてきた街だけに、生活の利便性も高いのも当然でしょう。京浜東北線の大井町駅は駅ビルアトレを挟んで西側のロータリー沿いの北側にイトーヨーカ堂、南側に2011年3月に開業した阪急大井町ガーデンがあり、線路を挟んで反対の東側には大型家電量販店ヤマダ電機と区の総合区民会館きゅりあんがあります。

 

阪急大井町ガーデン

正面が阪急大井町ガーデン。1000室以上の規模のホテルにスーパー、スポーツ施設などが入る

ことに駅西側の阪急大井町ガーデンはホテル、百貨店、スポーツ施設に飲食店、スーパー銭湯などが入る複合施設で、29階という高さもあり、駅周辺の風景が変わってきた印象があります。また、東急大井町線大井町駅上にも商業施設があり、同駅の北側、JRの東京総合車両センター手前には劇団四季の劇場も作られています。

 
区役所

中央公園から市役所。テニスコートや多目的に使えるスポーツ広場があり、子どもたちの声が絶えない

もうひとつ、大井町は品川区政の中心地でもあります。駅から8分ほどの場所には区役所、区の防災センターがあり、京浜東北線駅近くに総合区民会館きゅりあんもあるのはご紹介した通り。区役所の正面はちょうど区の中心にあたる位置になるそうですが、ここにはテニスコートや多目的広場、噴水やせせらぎのある品川中央公園もあり、スポーツも、ただのんびりするだけの時間も楽しめます。

 

飲食店街

大井町では駅周辺のみならず、あちこちでこんな飲食店街を見かける。汚くても旨いと称される店も少なくない

加えて、大井町らしい雰囲気といえば、京浜東北線の品川寄り、線路沿いから東側にかけて広がる東小路、平和小路に代表される飲食店街でしょう。細い通りの両側に小さな店舗が並び、赤ちょうちんが灯る風景はビジネスマンの多い土地柄を思わせます。しかも、規模は小さいながらも知る人ぞ知る店なども潜んでいるそうですから、侮れません。前述の2エリア以外にも、こうした路地は駅周辺を中心に点在しており、飲むのが好きな方には誘惑の多い街のひとつです。

 
●今回ご紹介しているのはこのエリア

 

概略図

大井町駅周辺の2路線と周辺の主要路線、記事中に出てくる施設、地名などの位置関係を表わした概略図。文字サイズの制約などから必ずしも位置、距離は正確ではありません。グーグルアースと東京地形地図に地名、路線などを載せて作成してあります


続いて気になる京浜東北線、東急大井町線、りんかい線大井町駅周辺の住宅事情を見て行きましょう。