無邪気な自慢は爽やか

笑顔の男性
自慢話をするときには、小賢しい雰囲気よりも、無邪気なほうが印象が◎。
本当に嬉しくて自慢したいときってありますよね。1度だけの自慢なら、場が白けることもありません。

2度目以降は、最初に「この前と同じ自慢していい?」と言ってから話し始めてみましょう。前と同じ話を聞かされるとわかっていても、このエクスキューズが入るだけで、かなりかわいらしさが演出できます。

話すときには、できるだけ無邪気に。「嬉しくて嬉しくて仕方ないから、話をする」という雰囲気があると、自慢話をしていても嫌味になりません。変に自慢話の中にドラマ性を持たせようとすると、その小賢しさに気付いた女性は鼻白んでしまいます。

自慢話で大切なのは…


ここぞ! というときに話せば、効果的に魅力を伝えることができる自慢話。話題と長さと頻度に注意すれば、あなたもさらっと自慢ができて、女性に自分をアピールできるようになるでしょう。

【関連記事】
鵜呑みにすると彼女がキレる3つの言葉
彼女の料理がマズいときはどうする?
美形よりモテる! 気が利く人のルール
脱アプローチ下手! 恋愛対象になるために

【ガイドの最新情報】
相沢あい on Twitter
公式ブログ 相沢あいのeye!!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。