ポケモンと3DSと新しいゲームコミュニケーション

3DSの図
3DSですれちがい通信がさらに面白くなる、ポケモンBWはそんな未来も予感させます。(イラスト 橋本モチチ
ポケモンBWにおけるすれ違い通信の強化は、ある未来を示唆しているように感じます。それは、ニンテンドー3DS(以下3DS)の未来です。以前、AllAboutゲーム業界ニュースでも紹介しましたが、3DSでは今までソフトに依存していたすれちがい通信をハードの機能として搭載することにより、ソフトを起動していない間も、他のゲームをプレイしている間も、あるいは複数のゲームのすれ違い通信も可能にすると言われています。

【関連記事】
3DSで大事なのは通信機能かもしれない(AllAboutゲーム業界ニュース)

そうすると、今までと何が変わるのか、どんな違いが起こるのでしょうか。その可能性の一端、ゲームを遊ぶ時間と空間をみんなで共有する、そんな楽しみ方をポケモンBWが見せてくれているような気がします。

ポケモンBWでは、すれちがい通信以外にも、通信機能を大幅に強化しています。他の人が遊んでいるポケモンの世界に行って一緒に冒険ができるハイリンク、ニンテンドーDSiやニンテンドーDSiLLのカメラを使ってビデオチャットをしながら遊べるライブキャスター、インターネットの世界に自分のポケモンを送って、PCで夢の世界を覗くことができるポケモングローバルリンク。色んなゲームで試行錯誤されてきた通信の遊びを取り込みつつ、独自の要素も加えて、徹底的とも言える充実ぶりを見せています。そしてそれは、ゲームを通したコミュニケーションの広がりそのものでもあります。

この広がりは通信機能を強化した3DSで発売されるゲームにも大きな影響を与えていくでしょう。ポケモンBWのすれちがい通信は、3DSへの期待へと繋がり、新しいゲームコミュニケーションの到来を予感させてくれるのではないでしょうか。

【関連記事】
3DS やっぱり任天堂はおもちゃ屋だった(AllAboutゲーム業界ニュース)
大人の為のポケモン講座(AllAboutゲーム業界ニュース)
Twitterの面白さが分からなかったら、ウンコを漏らしそうになるといい。(田下広夢の記事にはできない。)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。