入園に必要なものは?

幼稚園児

祝幼稚園入園! 準備するものがたくさん

幼稚園入園の前には、いろいろなものを準備しなければなりません。園によって、用意するものはさまざまですが、基本的に用意しなければならないものには2種類あります。

  1. 制服や登園バッグ、帽子、体操着など、おそろいで園指定のものを購入しなければならないもの。
  2. サブバッグやコップ入れ、着替え入れの巾着袋など、決められた大きさのものを各自で手作り、または購入して用意しなければならないもの。

いずれも、入園が決定した秋以降の時期に開かれる説明会などで、購入の方法や指定の大きさなどについての指示があります。ご近所にすでにその幼稚園に行っているお友だちなどがいれば、事前にどういったものが必要なのか、だいたいの部分を聞いておくと楽かもしれません。ただ、園によっては翌年から必要なものが変わる場合もあるので、正確には最終的な園からの指示で動いた方が余分なものを作らなくて安心かもしれません。

1.の制服やカバン、帽子などは、購入するのに数万円の費用がかかります。しかも、成長の早い子の場合、卒園までに買い換える必要が出てくることもあります。この時期の子どもは、毎年ワンサイズ上がる子もいるほど成長が早いもの。もし、お下がりをいただける先があるなら、遠慮なくいただいておくといいでしょう。
 

手作り? それとも購入?

2.のサブバックやコップ入れなど、主に袋類はある程度の大きさを園から指示される場合がほとんどです。手作りするか、誰か得意な人にお願いして作ってもらうか、もしくは、市販品を買うかオーダーするか、自分にとってベストの方法を考えましょう。

「子どものために手作りで!」と考えるのも親心としては当然ですが、あまり得意でないのに「ここはママの腕の見せ所!」と張り切って作ってみたものの、上手にできなかったときにはちょっと悲しい気持ちになるかも。もし、祖母がお裁縫上手であれば、お願いしてしまうとか、手作りが得意なお友だちに頼んでみるなどしてもいいと思います。

また、手作りしたものをオークションで安く販売している人や、手作りのネットショップを開いてオーダーを受け付けている人もいます。手作りが得意なママたちが集まって運営しているようなサイトだと安心。気持ちよく購入できるサイトを選んで、手作り品を購入したり、オーダーしてみるといいでしょう。また、手芸店でもそういったサービスをしているところもあります。まずはインターネットで調べてみましょう。