入園料は結構高い!

お金

幼稚園には結構お金がかかる

幼稚園に入園するためには、入園料が必要なところがほとんどです。園ごとに相当な開きがありますが、入園料の相場としては5万円から10万円以上になる場合がほとんど。ほかに制服などの購入も必要ですから、入園時期はまとまった額のお金が必要になると覚悟しておきましょう。

ただ、自治体によっては、上限を定めて入園金の補助も行われているところがほとんどです。各自治体によって補助の方法や補助される人の範囲(所得制限の問題)など、取り決めが違うので、必ず住んでいる自治体のサイトや担当者に確認しておきましょう。住んでいる自治体以外にある園に通う場合にもこの入園料補助が適用されるか、振り込み方法はどのようなものか、いつの時点で払い戻されるのかなど、細かい点も調べておきたいものです。
 

保育料も補助される

幼稚園の保育料(月謝)は、公立の場合は1万円台~、私立の場合は3万円台くらいが一般的です。ただ、これも自治体や園によってかなりの開きがあるので、行きたい園の保育料がどれくらいの金額になるのか、入園申請の前にしっかり調べてから入園を申し込みたいものです。

年子や2歳差、あるいは双子などで、きょうだいが一緒に在園する場合には、保育料が割引になる場合もあります。

幼稚園の保育料についても、入園料同様、自治体からの補助が行われているところがほとんどです。親の収入に応じて、あるいは、保育料の額によって補助額が決められています。この補助の額によっては、保育園よりも保育料が安くなる場合があるため、あえて幼稚園を選んで働くという親もいます。小学校に入る前までは、保育園にしても幼稚園にしても、それなりのお金がかかるもの。幼稚園に入る時期になってから慌てるのではなく、本来、子どもが産まれてから幼稚園に入るまでの期間に、ある程度の蓄えをしておくと安心なのです。
 

保育料以外に毎月かかるお金は?

保育料以外にも、幼稚園に通うにはさまざまなお金が必要になってきます。
たとえば、バス通園の場合にはバス代。給食がある場合には給食費。PTAの活動費も必要です。

ほかに、英語やピアノ、スイミングなど園独自の習い事などのメニューがあって、それらを選ぶ場合には、習い事の月謝も別に必要になる場合があります。もちろん、それらが通常の保育に組み込まれている場合は、必要ないこともありますが、預かり保育の間に行われる習い事では、必ず月謝が別に必要になります。
また、侮れないのが、ママ同士のおつきあいにかかるお金。毎日、お迎えのたびに喫茶店に入ったり、ランチをしたり……と続けていたのでは、毎月お小遣いがいくらあっても足りません!

ママ同士のおつきあいは大切にしたいものではありますが、無理をしてまでおつきあいする必要はないはず。特に経済的な負担は、後々、家計にも大きな影響を与えます。前述のとおり、幼稚園の時期には何かとお金がかかるものなのです。あまりにも人付き合いを避けるようでは困りますが、見栄を張ったり、無理をしたりしてまで人付き合いを重視する必要はないのではないでしょうか。

入園金や月々の保育料が高い幼稚園では、そこに集まるママたちが使うお金も必然的に高くなりがちです。そういったおつきあいのことまで含め、自分の身の丈にあった幼稚園を選んだほうが、楽に園生活が送れるはずですよ。