鶴橋ときいて想起されるワード。オーソドックスなところでは「焼肉」「キムチ」といったあたりでしょうか?まあ、間違ってはないですが、それではあまりにステレオタイプ。今回は、「エリアによって雰囲気が大きく変わる街」、各線「鶴橋」駅周辺を紹介します。

各線集まる交通至便な鶴橋界隈

駅周辺
JR・近鉄の駅は商店街の中に埋没しているので、幹線道路からはわかりにくく「駅前」の雰囲気が乏しい
難波周辺から東へ約3km、上本町周辺から東へ約1kmあたりに位置するJR大阪環状線「鶴橋」駅。南北に走るJR線と垂直に交差するように東西に走る近鉄大阪線・奈良線「鶴橋」駅とJR「鶴橋」駅は、改札を隔ててホームが隣接しています。

近鉄線と並行している道路は千日前通。その下には大阪市営地下鉄千日前線が通っておりJR・近鉄「鶴橋」駅のすぐ北側に地下鉄「鶴橋」駅があります。

各線「鶴橋」駅から主なターミナルへの所要時間は「天王寺」駅にはJR大阪環状線(外回り)で6分。「大阪」駅には同じくJR大阪環状線(内回り)で16分、「なんば」駅には大阪市営地下鉄千日前線利用で6分で到着。いやはや、なんとも便利な立地です。

JR・近鉄・地下鉄の3線3駅が集まり、それだけでも十分便利なのですが、さらに周辺にも多くの駅があります。

北方約1kmにJR「玉造」駅、南方約1kmにJR「桃谷」駅、東方約1kmには近鉄大阪線の始発駅である「大阪上本町」駅。これらの駅に囲まれた狭い区域が鶴橋エリアとなるわけですが、線路や道路をまたぐとガラッと印象の変わる街並みを見ることができる、それが鶴橋の面白さです。

次のページでは、まず過密商店街エリア(駅南東)をご紹介します。