別荘地に住むということ

前編では、普通の市街地の中の住宅でしたが、今回は別荘地の中の物件です。ここで、別荘地のメリットを見てみましょう。駅から専用バス(有料)が利用できます。広い別荘地のなかの17ヶ所のバス停に止まりますから、車がダメでも、なんとか暮らせます。

また別荘地のなかには、管理事務所があります。定期的に巡回などの管理がされているのでしょうから、道路の整備など安心な部分があります。これらの別荘地の管理維持のために、この物件の場合、年間4万6410円の管理費が必要となりますが、別荘地のなかに、テニスコートや別荘地内にあるホテルアストン熱海の施設、たとえばレストラン(予約制)、プール、温泉大浴場、カラオケなどを利用することができます。

この<熱海自然郷>の場合、定住の方はすでに120世帯くらいいらっしゃるようです。大勢の方が定住されているということは、それだけ暮らしやすい環境とも考えられます。

【関連記事】熱海で1000万円の中古別荘を見学(前編)

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。