私、30代の独身女性なんです

一昔前は、「30代以上くらいの独身女性にはあまり貸したくない」という大家さんが多く、借りにくいと思われていました。でも、最近では女性でも安定した収入のある職業に就いている人が増えてきたため、30代以上の独身女性が借りにくいなんてことはまったくありません。むしろ、女性だときれいに住んでくれるから、と喜んで貸してくれる大家さんが増えているほどなのです。

ただ、両親に連帯保証人になってもらおうと思っている場合には、その親が定年退職して年金暮らし、なんてこともあります。その場合には、収入のあるきちんとした保証人を立てられれば問題ありません。


年金で生活している、一人暮らしの老人ですが、借りられますか?

老夫婦
保証人が立てられれば、年金生活をしている高齢者の一人暮らしでも、部屋は借りられます。
収入のない高齢者は、実は賃貸では契約を敬遠されがち。年金をもらっているといっても、生活費に充当されてしまい家賃までなかなか支払えないケースもあるのです。

高齢者も他の契約者と同様に保証人を立てる必要があります。収入のある子供がいれば、子供が保証人(契約者になることもあり)になったり、子供がいなければ財力のある契約者の兄弟や、姪や甥などの親族が保証人にならないと、現実問題として部屋を借りるのは難しいでしょう。

だたし、平成13年に「高齢者の居住安定確保に関する法律」が施工され、「高齢者の入居OKである賃貸物件情報を一元化すること、万が一高齢者が滞納した場合には高齢者居住支援センターが家賃6ヵ月分まで債務保証をしてくれること」など、高齢者を保護してくれるものもあります。
(詳しくは⇒こちら

高齢者でもぜひいい住まいを探してください。

<関連記事>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。