シミ、くすみの解決法1(内服薬、外用薬)

美容医療では、シミやくすみの種類に応じて様々な治療法があります。予算や期間を吟味して自分に最もあった治療法を選びましょう。

1. 内服薬
いわゆる飲み薬。老人性色素斑、炎症後の色素沈着、肝斑などに有効。気長に続ける必要はありますが、金額的な負担、肌への刺激が比較的少ないことが魅力。

内服薬

ビタミンC、E、トラネキサム酸の内服薬約1カ月分

■ビタミンC

元祖美白成分。紫外線を浴びることで発生する活性酸素の除去やメラニンの働きを抑制。シミ治療を目的とする場合、トラネキサム酸やビタミンEと一緒に服用する。

平均価格帯:
数百円~数千円(濃度、量によって上下する)
メリット:
自宅で気長に続けられる
デメリット:
劇的な変化はしない。人によっては服用してお腹がゆるくなることも


■トラネキサム酸
止血剤としても使用される成分。ニキビあとなど炎症が残る色素沈着や、肝班などレーザーをあてることで濃くなるシミに対して有効とされる。ビタミンCやEと共に処方されることが多い。

平均価格帯:
数百円~数千円(濃度、量によって上下する)
メリット:
自宅ケアに取り入れられる
デメリット:
止血作用があるため血栓ができやすい持病を持つ人は使用不可。また継続して服用すると肝機能異常を起こす場合があるので、時々休みながら使用する必要がある。

2. 外用薬
いわゆる塗り薬。老人性色素斑、炎症後の色素沈着、肝斑などに有効。レーザーと併用することでさらなる即効性が得られます。

ドクターミューのレチノール

最近は赤みや皮むけが少ないクリニックオリジナル製品も登場(画像提供:松倉クリニック「ドクターミュープラス」のレチノール)

■レチノイン酸(トレチノイン) ビタミンAの誘導体。皮膚の代謝活動を活発し、不要な角質と共にメラニンを排泄させると共に皮膚の再生を促す作用があります。ハイドロキノンと共に処方されることが多いです。濃度によっては皮が剥けたり赤みなどの反応が出ることありますが、約1~2カ月で落ち着き肌も良い状態になっていきます。 平均価格帯:
数百円~数千円(濃度、量によって上下する)
メリット:
自宅ケアに取り入れられる
デメリット:
皮が剥けたり、赤みなどの反応が出ることがある。妊婦は使用不可。また使用完了後、6か月間は妊娠を控える(パートナーの男性も同様)


■ハイドロキノン

メラニン色素を作るチロシナーゼ酵素の働きを抑える強力な美白剤です。アレルギーのある人は赤みが出たりや皮膚がむけることも。シミ治療ではレチノイン酸とセットで処方されることが多いものです。

平均価格帯:
数百円~数千円(濃度、量によって上下する)
メリット:
自宅ケアに取り入れられる
デメリット:
反応として皮が剥けたり、赤みが出ることがある


■トラネキサム酸

止血剤としても使用される成分。ニキビあとなど炎症が残る色素沈着や、肝班などレーザーをあてることで濃くなるシミに対して有効です。

平均価格帯:
数百円~数千円(濃度、量によって上下する)
メリット:
自宅ケアに取り入れられる
デメリット:
持病によっては血栓症の原因に。その場合は使用できない。

レーザーや光治療はシミ撲滅の強い味方!