漢方医をさがす

イメージ
検査で異常がないのに、なんだか調子が悪い…。それも漢方診療を選ぶ理由のひとつ
漢方薬を試したいのだけど、どんな病院へ行けばいいのか、どこに専門医がいるのかわからない人も多いようです。

日本には「漢方医」という決められた資格はありませんが、日本東洋医学会では、一定の基準により「漢方専門医」の認定をしています。また、最近では病院の中に漢方外来を設けている場所もあります。

病院で漢方を試す際のメリットとしては、検査や診断などをしてもらえたり、保険適用になる場合が多い、などがあげられます。

「風邪には○○」というように、病名だけで判断したりせず、その人の体質や体調にあった処方をし、きちんと話を聞いてくれるドクターが安心でしょう。

なお、ここで漢方医にかかる際のポイントをいくつかご紹介しましょう。

薄化粧やノーメイクがベスト
顔色や肌ツヤも大事な診断材料となります。ノーメイクがオススメですが、できなければお化粧は薄目に。

マニキュアは落としておく
2枚爪や爪の先が割れているのは栄養不足の証拠。爪の色ももちろん診断の一部なので、ネイルカラーはしないで!

余計なことはしない
必要以上に苔をブラッシングしたり、色の濃いコーヒーなどの飲み物やキャンディーなどは、正確な舌判断ができなくなるので控えましょう。


けして身構えることはありませんが、「素のすがたに近いナチュラルな状態」が好ましいのだと覚えておくといいですね。


参考サイト
漢方医ナビ(漢方ナビ)
「医療情報センター」として設立した、全国の医療に関する情報を収集&データベース化しているウェルネスが運営している検索サイト

漢方のお医者さん探し(漢方ビュー)
株式会社サイファが運営(協賛:株式会社ツムラ)している検索サイト。検索した情報は携帯に送ることもできる

社団法人 日本東洋医学会
都道府県や分野などを絞って、専門医検索ができる

女性向けや駅近など、漢方薬局はより身近に進化してきています。
5. 漢方薬局をさがす >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項