「花粉症」の起こるメカニズム

花粉症のメカニズムはアレルギーのメカニズムと同じです。少し専門的ですが、改めて説明しましょう。

まずは、登場するものを整理しておきましょう。
■スギ花粉:アレルゲン、アレルギーを起こす物質。
■マクロファージ:白血球の一種。アレルゲンを取り込んで処理してリンパ球に示すために細胞表面に再びアレルゲンの一部を表わす。
■T細胞:マクロファージからのアレルゲンを認識してB細胞に知らせるリンパ球
■B細胞:形質細胞に変わり、IgE抗体というタンパク質を産生する細胞
■形質細胞:IgE抗体というタンパク質を産生する細胞。B細胞と同じもの
■肥満細胞:白血球の仲間。化学物質を多く持っており、刺激で放出。
■化学物質:ヒスタミン、ロイコトリエンなど

花粉が目や鼻に入ると、花粉がマクロファージに取り込まれます。その花粉を処理したマクロファージが細胞の表面に表われ、T細胞に花粉であることを知らせます。T細胞はその花粉の情報をB細胞に知らせて、B細胞が形質細胞に変わって、IgEという抗体を産生します。

この花粉に反応するIgE抗体のある中で、花粉が体に入ってくると花粉をIgE抗体が結合して、白血球(特に肥満細胞)からヒスタミンや化学物質を産生させ、鼻や目の粘膜や血管に働いて、涙や鼻水が出てきます。粘膜の浮腫が出てくると、鼻づまりになります。

花粉が直接体に接するのは、目や鼻ですから、花粉症にかかると、目と鼻に症状が集中するのです。

花粉症のメカニズム(参考「アトピーと花粉症」)



どんな花粉が花粉症を起こすのでしょうか?
花粉症の原因  >>

花粉症の基礎知識


耳鼻咽喉科検索
眼科検索
アレルギー科

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項