秋になると、目がかゆい、くしゃみ、鼻水が続く……。それはキク科による花粉症かもしれません。

秋の花粉・飛散時期のピーク

川沿いや畑に見られるキク科。画像はブタクサ(出典:アレルゲンコンパクトブック)

川沿いや畑に見られるキク科。画像はブタクサ(出典:アレルゲンコンパクトブック)

8~10月頃に花粉が飛ぶキク科。代表的なキク科には、ブタクサ、ヨモギ、オオブタクサなどがあります。北米ではブタクサの花粉症が多く、日本でのスギと同じように問題になっています。

キク科の植物は、小花(しょうか)という小さな花が集まって1個の花のように見えるのが特徴。多くは多年草と言い、一度きりではなく、何年も続けて花を咲かせます。いずれも背が低く、川沿い、堤防、畑などに生育していることが多く、背が低いため、飛散する距離がスギより短い傾向があります。イネ科と同様、広く飛ぶ事はありません。

キク科以外の秋の花粉症の原因植物は、クワ科であるカナムグラ、イラクサ科であるカラムシなどです。秋の花粉は、早い場合は8月から飛散し始め、9~10月に本格的に飛散します。

 

キク科の花粉症の症状

キク科の花粉症の症状は、代表的なスギ花粉症の症状と同じです
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまり
  • 目のかゆみ・充血
など。主に眼の症状と鼻の症状です
 

秋の花粉症の予防法・治療法

夏から秋にかけて花粉症の症状が出た場合、血液検査をし、キク科花粉症と確認する必要があります。この時期に多いのはキク科なので、まずはキク科の花粉で陽性になるかどうか調べましょう。ブタクサ、ヨモギが代表格です。

キク科花粉症の予防と治療は、基本的には花粉症対策と治療と同じ。
  • 外出時にはマスクや眼鏡をする
  • 家が畑、堤防が近い場合は、窓を開けるとキク科花粉が入ってくるので、窓を閉めておく
  • 畑、堤防が近くない場合は、イネ科の飛散距離は短いので、衣服についた花粉が家に侵入します。侵入した花粉を除くために家を換気したり、家に入る時に服をはらう
  • 堤防・畑などをあまり通らないようにする
花粉症の症状が出ている場合は、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド点鼻薬などを使用します。

花粉症の予防法・治療法を参考にしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項