10人中3人以上にアレルギーがある時代

鼻水をかむ男性

花粉が飛散する時期は、ティッシュが手放せません

増加傾向にあるアレルギーの病気。日本では国民の30%以上が何らかのアレルギーを持っていると言われています。気管支喘息やアトピー性皮膚炎は10人に1人、花粉症は10人に2人という計算です。

アレルギーはどうして起こるのでしょうか? そもそもアレルギーって何でしょうか? アレルギーと一言で言っても様々ですが、上手に対処するためには、メカニズムを正しく知っておく必要があります。

基本的なポイントを以下の5つに分けましたので、まずはしっかり基礎知識を理解しておきましょう。

■ アレルギーの基礎知識5ヶ条
1.アレルギー・免疫の関連用語 >>
「アレルゲンとは?」「ヒスタミンって?」
まずはアレルギーや免疫に関する基本用語を解説します

2.アレルギーのメカニズム>>
くしゃみはショック反応を起こすアレルギーの仕組みとは?

3.免疫の仕組み>>
私たちの体の免疫の仕組みについても知っておきましょう

4.アレルギーが増えている>>
最近アレルギーが増えているのには理由があるのです。

5.アレルギーと遺伝>>
アレルギーの遺伝の仕組みとその確率について説明します。

免疫の仕組みがおかしくなってしまうと、アレルギーになったり、膠原病になってしまったりします。アレルギーと免疫の仕組みが分かれば、様々なアレルギー症状が理解しやすくなります。順番に解説しましょう。

まずは知っておくべき基本用語を解説します。
⇒ 1.アレルギー・免疫の関連用語 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項