アレルギーの遺伝率

アレルギーが子どもに遺伝する確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%と言われています。両親にアレルギーがなく子供にアレルギーが出る確率は約10%ですので、かなり遺伝率が高いということになります。

別の報告では、アレルギーの代表格でもあるアトピーになるリスクとして、以下のような結果が示されています。
アトピーの家族歴 %リスク
両親共にあり 50~75%
片親のみあり 25~30%
両親共になし  
第1子にあり 20~25%
兄弟になし 10~15%
Falth-Magnusson からの報告 (1987)

つまり、家族にアレルギーがあると、アレルギーになる可能性が高いということです。

とはいえ、100%遺伝するわけではありません。それは、アレルギーを起こす遺伝子が一つではないからです。

(参考「アトピーは遺伝するの?」)

アトピー素因って何?

アトピーやアレルギーは遺伝しますが、必ず遺伝するわけではありません
アトピーという名前は、「奇妙な」という意味のギリシャ語atopiaに由来しています。1923年にCoca(コカ)とCooke(クッケ)という人物が、本人の家族や親戚などに出てくる奇妙な反応を、アトピーと名づけました。アトピー体質、アトピー素因、アトピー性皮膚炎などのことを「アトピー」と呼ぶことが多く、特に、アトピー性皮膚炎のことをアトピーと呼ばれ、アトピーというと、アトピー性皮膚炎を指すことがあります。

アトピーになりやすい人は、他のアレルギーの病気、気管支喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症)を以前、なったことがあるか、または血のつながった家族、親戚の中で、アレルギーの病気があれば、アトピーになりやすいと考えられています。それをアトピー素因といいます。血液検査で、IgEという免疫グロブリン(蛋白質)が高いと、アトピー素因の可能性があります。

(参考「アトピーの原因」)

アレルギーは必ずしも遺伝するわけではありません。アレルギーの原因には環境の要素も大きいのです。

例えば、出生後に大量のスギ花粉に暴露されると、スギ花粉に対するIgEが増えるといわれています。つまり、花粉量の多い年度に生まれた子供は花粉症になりやすいのです。

喘息では、ダニの量に応じて、体がダニに反応しやすい状態になったり(感作(かんさ)と呼んでいます)、喘息発作が出てくることが言われています。

このように、アレルギーには、遺伝と環境ともに関わっているのです。

アレルギーの基礎知識
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項