急性ストレス障害とは?
突然降りかかる災難。大きく動揺した時、心は解離しやすくなります
思いがけない事が起きた時、頭が真っ白になってしまう事がありますが、その時、心には何が起こっているのでしょうか? ショッキングな体験は私達の心を普段とはほど遠い状態にしてしまう事があります。

今回は、衝撃的な体験が心にどのような変化を起こし得るかをお話したいと思います。


ショックで解離する心

頭が真っ白になった時は心が解離している状態です。程度の軽い解離現象は日常的に見られます。ぼーっとしていて、他人から肩を叩かれて思わずはっとした時や、読書に没頭していて、周りの事を意識しなくなったような状態ですが、ショッキングな体験によって心が大きく解離してしまった時は以下のような症状が出現します。
  • 感情が鈍くなる
  • 周囲への注意や意識が薄れる
  • 物事に現実感がなくなる
  • 自分が肉体から離れ傍観しているような、夢の中にいるような感じがする
  • ショックを受けた体験を完全に思い出せなくなる
  • 同じ出来事であっても、心が受けるダメージには個人差がありますが、体験が深刻であればある程、特に、生死に関わるような衝撃的な体験後に急性ストレス障害と呼ばれる心の病気が起こりやすくなります。
次に、急性ストレス障害の詳細について述べます。

急性ストレス障害

交通事故、自然災害、暴力事件など生死に関わる体験をしたり、目撃した際の恐怖や無力感によって、心が大きなダメージを受けた時、事件後1ヶ月以内に心の症状が出現するのが急性ストレス障害です。

心の解離による解離症状が現れると共に、その体験がなかなか頭から離れません。事件の光景が脳裏に蘇えるフラッシュバック現象や事件の悪夢があり、事件に関連するモノや状況に遭遇すると、事件の光景が呼び起こされます。神経は過敏になり、ちょっとした事に過剰に反応してしまい、また、睡眠は障害され、感情が不安定になり、集中力は低下し、日常生活で十分機能し難くなります。
 

急性ストレス障害の経過

トラウマ体験後に起こる心の症状は多くの場合、1ヶ月以内で回復しますが、時には慢性化してしまう場合があり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼ばれる心の病気になる場合があります。

トラウマによる心の症状の出現は体験後1ヶ月以内とは限らず、数ヶ月、数年、時には数十年経過して出現する事があります。一般的に、早期に症状が出現するものほど予後が良好ですが、トラウマから早く回復する為には、事件の体験を他人に話す事が手助けとなります。普段、ちょっとした愚痴でも聞いてもらうと心は軽くなりますが、本当に必要な時に話せる相手がいるという事は心がける事の一つなのかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項