ED治療薬は原因改善薬ではありません

糖尿病や高血圧症など基礎疾患があると、器質性(身体的な)EDになりやすくなります。器質性EDは一般に心因性EDより症状が重く、朝勃ちもなく、自慰を試みてもなかなか勃起し難くなります。

また、行為のときに最初から勃起しない、たとえ勃起しても硬さが足りないという状態を招きます。

ただ、EDは独立した疾患ではなく、症状です。例えば、発熱や頭痛がそれぞれ独立した疾患として起こるのではなく、さまざまな病気でもたらされるように、EDも糖尿病や高血圧症、疲れ、ストレスなど様々な原因により起こります。

原因が改善されれば、EDも改善されるでしょう。ED治療薬は薬が効いている間はEDを改善しますが、EDの原因を根本的に治す薬ではありません。糖尿病や高血圧があれば、専門の施設で対処してください。また、ED治療薬は長期に服用しても問題はありません。

案ずるより勃つが易し!

ED治療薬
器質性EDの場合には生活習慣病が大きく関わっています。アンバランスな食事や運動不足、休養不足、暴飲などを改めてみては?
原因不明の病気と異なり、器質性EDの場合には生活習慣病が大きく関わっていることが分かっています。原因が分かれば、対策も立てやすいものです。
治療の第一歩は不規則でアンバランスな食事や運動不足、休養不足、暴飲など、原因となる悪しき生活習慣を改めることです。

そして、すでに糖尿病や高血圧症で病院にかかっていたら、ED治療薬を試してみることです。

ガイドのクリニックには糖尿病患者の方から「EDで射精ができないせいか、性欲が募って悶々としている。街を歩いていても性犯罪を起こしそうな自分が恐い。対応策はないか」という内容の相談が寄せられることがあります。
ED治療薬は糖尿病や高血圧症にもよく効きます。悶々と一人で悩んでいるのではなく、適切な処置を施すことで、思う存分性欲を開放して、爽やかな街歩きを楽しんでいただきたいものです。まさに「案ずるより勃つが易し!」です。

<関連リンク>
タバコでEDになるってホント?
ED治療はパートナーと一緒に受けるべき?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。