前回、「タバコでEDになるってホント?」の回で解説したように、ED(勃起不全)には、生活習慣病が原因となっているケースが少なくありません。特に、血管や神経の障害、陰茎の外傷などにより身体的に勃起自体がダメになる「器質性ED」においては糖尿病や高血圧症が関わっているケースが多いようです。糖尿病と高血圧症は、喫煙と並んでEDを招く3大要因とされています。今回は糖尿病、高血圧症とEDとの関係をご紹介しましょう。

糖尿病患者がED治療薬を飲んでも大丈夫

ED治療薬
ED治療薬は糖尿病や高血圧症によるEDにも効果を発揮する場合が…。まずは医師に相談してみましょう
生活習慣病の代表ともいえる糖尿病や高血圧症は、ともに血管へのダメージが大きい病気です。勃起には血管の状態が深く関わっています。ですから、血管の損傷がEDに及ぼす影響の大きさはお分かりになるでしょう。

糖尿病になると、血管が硬くなり、性的刺激による血管の拡張が妨げられます。その結果、血流が抑えられ、EDを引き起こしやすくなります。

また、糖尿病は血管への影響ばかりでなく、高血糖に長期間さらされることにより、陰茎海綿体に分布する神経が侵されます。糖尿病による神経障害は網膜症、腎症と並ぶ合併症の1つですが、泌尿器系の症状ではEDが代表格となります。

でも、ご安心ください。ED治療薬は糖尿病によるEDにも十分な効果を発揮します。糖尿病の薬との併用も問題ありません。ただし、病気の具合によっては薬が効きにくいことがあるので、その場合にはかかりつけの医師に相談の上、高用量を試みるのもよいでしょう。

高血圧症でも治療中なら処方できます

高血圧症の場合、主として動脈硬化を進展させ、循環障害をきたすというように血管の障害が中心となります。ストレスで損傷を受けた血管が硬くなったり狭まったりすることで、陰茎への血流が抑えられます。

簡単に言えば、体全体の血の巡りの悪さが陰茎動脈の血流にも及ぶのです。その結果としてEDになります。

ED治療薬は血圧を軽く下げる作用がありますが、上げることはありません。ですから、糖尿病患者の場合と同様、高血圧の治療を続けている方にもED治療薬は使えます。

注意点は、高血圧の薬と併用した場合、血圧をさらに下げるため、多少のふらつきやめまいを伴うことがあることです。

ED治療薬の使用禁忌は、上が90mmHg以下の低血圧の方、治療による管理をされていない高血圧の方で、安静時に上が170mmHg以上、下が100mmHg以上の場合です。

つまり、治療をしていなくても、上が170mmHg、下が100mmHgより下なら服用できます。ただし、併用注意の降圧剤が処方されている場合がありますので、医師に相談してください。

根底にある原因にも目を向けてみては?>>