コンプレックスってなぜ生まれるの?

1
親によって植え付けらたコンプレックスは意外に多い
誰にでも、ひとつやふたつあるのがコンプレックス。コンプレックスは、その人にとって特別な人とのかかわりのなかで生まれ、育っていくことが多いものです。なかでも、子どもの頃に親によって植え付けられたコンプレックスは、後々の人生にまで影響することも少なくありません。

たとえば、子どもの頃にいわれたこんな一言が、コンプレックスの原因になることがあります。

「おまえはあまり器量よしじゃないけど、女は愛嬌だからね」

親はこうした言葉を何気なくかけてしまうものです。でも、この言葉がそんなに深く子どもの人生に影響するなど、思いもしません。

しかし、いつもこんなことをいわれていれば、どうなるでしょう?「『女は愛嬌』なんていうけど、やっぱり女性のいちばんの価値は容姿なんだ。なのに、そこに欠点がある自分は生まれつき魅力がないのかも・・・」と容姿にコンプレックスをもちやすくなるのではないでしょうか?

実際には、その人は自分が思うほど醜くないかもしれません。しかし、コンプレックスにとらわれると冷静な判断が働かなくなるのです。たとえ周りの人に「あなたはこんなにステキだよ」といわれても、コンプレックスが無意識のこだわりとなっているため、理性的に自分を見つめることができなくなるのです。