「脱ニセモノ恋愛」のためのチェックポイント4

よい恋愛関係は、時を重ねるごとにおだやかに育っていく
よい恋愛関係は、時を重ねるごとにおだやかに育っていく
以上に見てきたようなケースに偏りがちな人は、自分の恋愛パターンに気付き、「ニセモノ恋愛」の悪循環にはまらない決意をする必要があります。そのためには、長く続くよい恋愛のポイントを把握し、「ニセモノ恋愛」から足を洗う勇気が必要です。


●ポイント1 「その関係に安心感があるか」

恋愛において一番大切なポイントは、一緒にいて安らぎを感じ、リラックスできること。緊張感、不安感、自己否定感、怒りに満たされた恋愛は、本物ではありません。よい恋愛関係では、安心感が薄れることはありません。


●ポイント2 「ポジティブな話題が多い相手か」

会話の弾む恋愛は、よい恋愛です。しかし、盛り上がる話題がいつも「ポジティブ」かどうか、振り返ってみましょう。悪口、グチ、世間や社会への批判、お互いへの非難で盛り上がる場合、その場はスッキリしても長い目で見るとお互いの成長を阻み、ネガティブな言葉で満たされた関係になってしまいます。


●ポイント3 「その恋愛で、2人が共に成長したか」

一方だけが成長し、自分はその犠牲で終わっていたり、2人とも恋愛だけに埋没しているような関係では、いずれその関係は破綻します。付き合っていくうちに、お互いの趣味や行動様式、価値観がずれてしまうのは当然のこと。でも、それを応援して認め合い、2人が共に自分らしく成長できているようであれば、よい恋愛関係であると言えます。


●ポイント4 「その関係に、笑顔や感謝が増えているか」

一緒にいて、年々笑顔が増えていますか? 相手に対する感謝の気持ち、出会えてよかった、付き合ってよかったという思いが、年々強くなっていますか? 共に過ごす時間や愛情表現は若干少なくなっても、笑顔と感謝の気持ちが増えていれば、その関係が2人の心地よい「居場所」になっている証拠です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項