静かな環境でグッスリ眠る

一戸建て
遮音効果の高い住宅がお勧めです
寝室での音のレベルが40デシベルを超えると、眠りに悪い影響を与えます。では、私たちの周りの音は、どのくらいの大きさなのでしょうか?

まずは、家の外からの音です。

・ 子どもの駆け足: 50~65デシベル
・ 車のアイドリング: 65~75デシベル
・ ドアや窓の開閉音: 70~80デシベル
・ 人の話し声(大声): 90~100デシベル
・ 犬の鳴き声: 90~100デシベル

このまま聞こえてきたのでは、かなりうるさいですね。幸い、最近の住宅は遮音効果が優れているので、外からの騒音の悩みは少なくなってきました。さらに静かにしたい時には、窓を二重サッシにしたり、厚めのカーテンを掛けてましょう。耳栓も役に立ちますが、目覚まし時計が聞こえる程度のものが良いようです。

また、隣人や上下階がうるさく感じるのなら、思い切ってその人と仲良くなると、同じ大きさの音でも騒音と思わなくなります。やはり、親しく近所付き合いすることが、大事ですね。


生活騒音の減らし方

洗濯機
静かな夜には、家電製品の音が気になります
では次に、家の中の騒音です。

・ エアコン: 40~60デシベル
・ 温風ヒーター: 45~55デシベル
・ 人の話し声(日常): 50~60デシベル
・ テレビ: 55~70デシベル
・ 風呂または給排水音: 55~75デシベル
・ 洗濯機: 65~70デシベル

日常生活から出る音も、意外と大きいですね。電化製品を選ぶ時になるべく静かなものを買ったり、家事の時間帯をやりくりして、静かな睡眠時間を確保してみましょう。

それでも音が気になって寝つけない時には、好きな音楽を流してみてください。マスキング効果と言って、大きな音で小さな音を隠してしまうのです。静かなクラシックや、リラックス効果がある曲を集めたCDを、試してみるのも良いでしょう。

「最大の騒音は、ベッド・パートナーのイビキだ!」という方は、「快眠を目指せ! 睡眠の悩み解消講座」もご覧下さい。


今回は、快適な寝室を作るための環境の整え方を、ご紹介しました。できることから始めて、一歩ずつ、理想のベッドルームを作り上げていってください。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項