宇宙で眠るときに困ること

アメリカではアポロ計画の後、1973年から翌年にかけてスカイラブ計画が行われました。スカイラブ計画は、宇宙ステーションを打ち上げて、その中で宇宙飛行士が長期間滞在し、無重力空間での実験や研究を行うものです。

このとき、睡眠状態の客観的な研究のために、睡眠ポリグラフ検査が合計50夜にわたって記録されました。それによると、総睡眠時間が少し短縮したり、やや寝つきが悪かったりする傾向はありましたが、睡眠の内容やリズムはほぼ正常なことが明らかとなりました。
 

宇宙でも、よく眠れたり眠れなかったりします(画像提供:NASA)

宇宙でも、よく眠れたり眠れなかったりします(画像提供:NASA)

ただし、宇宙空間での生活には、不眠になりやすい独特の原因もあります。それは、次に挙げるようなことです。

■宇宙酔い
宇宙に出てから3日目くらいまで悩まされることがある、乗り物酔いの宇宙版です。重力がある地上では、目からの情報と脚の筋肉からの情報、そして耳の奥にある前庭という感覚器官からの情報の3つを総合して、バランス感覚を保っています。

ところが、重力がほとんどない状態になると、目からの情報しか脳に入らなくなるので、平衡感覚が乱れてしまい、乗り物酔いの状態に陥ります。そのため、睡眠が妨げられることがあります。

■ムーンフェイス
地上では重力によって脚に貯っていた血液が、重力が減ったために頭の方に移動して、顔がむくむことです。顔が満月のように丸くなるので、「ムーンフェイス」と言います。これは、余分な水分を尿にして体の外に出す働きによって、宇宙滞在3日目までには治りますが、それまでの間は鼻が詰まったりや頭が重く感じたりして、うまく眠れなくなることがあります。

■睡眠と覚醒のリズム障害
地上では24時間周期で、昼と夜が分かれています。朝起きたときに、2,500ルクス以上の明るい光を浴びることで、体内時計がリセットされています。ところが宇宙船内では、この明暗の変化が少なく、場所によっては最大でも1,000ルクスの明るさしかないため、体内時計が狂うことがあります。そのため、時差ボケの症状が続いたり、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌量が減ったりします。また、季節性うつ病のような気分障害を起こして、過眠気味になることもあります。

■眠気が事故を起こす危険性
宇宙に滞在できる時間が限られているため、宇宙飛行士は実験や作業に追われています。しかも、すべての業務が重要で、ときには生命が脅かされる危険にさらされることもあるので、毎日が緊張の連続です。ところが、いったん緊張がゆるむと、逆に眠気に襲われることがあります。1997年に起こったロシアのミール宇宙ステーステーションと補給宇宙船の衝突には、宇宙飛行士の眠気が関与した可能性も指摘されています。

実際に経験するのはまだかなり先のことでしょうが、宇宙旅行中にもグッスリ眠れるよう、今から準備をするのも楽しいかもしれません。

【参考サイト】
宇宙といえば
宇宙百科事典
宇宙航空研究開発機構
睡眠のメカニズムとリズム
睡眠環境・寝室・ベッドの工夫



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項