質の高い睡眠とは

睡眠・快眠の基礎知識

睡眠は本能とはいえ、少しの工夫でグレードアップできます

あなたは、自分の睡眠力について、ちゃんと知っていますか?

寝床に入ってから15分以内に眠りに落ち、夜中はグッスリ眠り、夜中に少し目が覚めてしまうのも一晩に1回程度。朝は気持ちよく目覚め、前の日の疲れがすっかり取れていれば、質の高い睡眠がとれているといえます。

日本人の平均睡眠時間は7時間15分……50年間で1時間減少

一方で、ライフスタイルの変化やストレスの増加などにより、睡眠時間が少しずつ削られてきています。2015年に行われた国民生活時間調査では、日本人全体の平均睡眠時間は、平日が7時間15分、土曜が7時間42分、日曜が8時間3分でした。日本ではこの50年の間に、1時間も睡眠時間が減ったことになります。

また、睡眠時間の変化とともに、眠れない人や日中に強い眠気を感じる人が増えています。全国の成人を対象とした調査では、不眠症状がある人は、全体の21%に達していました。また、日中に強い眠気を感じている人は、15%もいました。

「最近、よく眠れないなあ」という人はもちろん、今以上によい睡眠をとりたい方は、睡眠や快眠の基礎知識をしっかり押さえて、気持ちのよい毎日を過ごしてください。

不眠の経済損失は年間3兆円!? 学ぶべき快眠するための知識

睡眠のメカニズムをきちんと理解して、自分にあった睡眠のパターンを作ると、毎日の生活の質がより良くなります。さらに、不眠によって生じる経済的損失は、日本全体で年間3兆円ほどと言われています。1人あたり3万円が毎年返ってくると思えば、睡眠のメカニズムについてしっかりと学び、上手に快眠するコツについて知っておくことは、決して無駄でははずです。

▼睡眠・快眠の基礎知識

1. 睡眠のメカニズムとリズム >>
理想の睡眠時間は? レム睡眠・ノンレム睡眠って何?

2. 快眠度チェックリスト >>
寝つきや目覚め、日中の眠気から、あなたの睡眠の質を診断します。

3. 睡眠環境・寝室・ベッドの工夫 >>
ぐっすり眠れるベッドや枕、照明など、ベストな快眠環境について解説します。

4. 快眠のための生活習慣 >>
夜よく眠るためには、起きている間の過ごし方も大切です。


ではまずは睡眠の仕組みから、しっかりチェックしてみましょう。
⇒  睡眠のメカニズムとリズム >>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。