image
この陳皮は我が家特製。よく皮を洗ってこの冬に天日で1~2週間ほど干したもの。古ければ古いほど、陳皮の値段は高いとか! (陳=古いの意味)

ベスト1 「ミカンの皮」

ちょっと待って、これって漢方なの? ハイ、そうです。ミカンの皮もれっきとした「陳皮」(ちんぴ)という生薬なのです!

同じ柑橘系のダイダイは、中国の有名な薬物書である『本草綱目』(ほんぞうこうもく)に「吐き気をとめ、酒毒を解く」と書かれるほどで、このみかんの皮も同じように二日酔いの胸苦しい感じや、腹部の膨満感をとり、弱った胃腸の機能を助ける働きがあるのです。

主成分としては、ビタミンPと呼ばれるヘスペリジン。ポリフェノールの一種で、毛細血管を強化したり、血流を良くする効果があるのです。しかもこのヘスペリジンはミカンの中身より、皮や白いスジ、袋の部分に多くあるので、見捨てないで欲しい部分です。

この冬はミカンを買ったらスジごと食べ、皮はお日様に当てて乾燥させて、お茶にして飲むようにしましょう。ミカンなら手に入りやすさ&コストパフォーマンスにおいても、ナンバーワンではないでしょうか?


アナタのトライしてみたいアイテムは見つかりましたか? 今年も一年、漢方で元気に楽しく参りましょう! いつも元気に楽しく過ごすための、漢方の知恵がつまったメールマガジンも、お供にどうぞ(登録は無料です)。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項