イメージ
毎日出ていても、すっきりしなければ、それも「便秘」の一種です
女性の50%以上が悩んだことがあるといわれる「便秘」。「肌は内臓の鏡」といいますが、便秘が続くと肌荒れやニキビだけでなく、口臭、ゲップ、痔などの原因となったり、大きな病気の引き金にもなりかねません。

漢方では便秘をどのように考えるのでしょうか? 体質に合わせたおすすめ漢方薬や、漢方を使用した際のメリットなどをご紹介します。

【CONTENTS】
  • あなたの便秘はどのタイプ?……P.1
  • タイプ別!おすすめ漢方薬……P.2
  • Wで嬉しい?! 漢方薬の思わぬ効果!……P.3


    あなたの便秘はどのタイプ?

    漢方では、「便秘なら○○」といった考えはありません。その人の体質にあわせて、治療方法を考えるのです。便秘の症状は様々ですが、大きく分けて下記の5つに分類できますので、自分がどのタイプに当てはまるか、チェックしてみてくださいね。

    熱タイプ
    脂っこいもの
    脂っこいものやお酒は、余計な「熱」を生みやすいです
    (写真素材提供:LinkStyle
     ⇒腸内の老廃物が、熱と結合して起こる
    【特徴】
  • 味の濃いもの、辛いものが好き
  • 口が渇きやすく、よく水を飲みたがる
  • 便はコロコロと乾燥していたり、尿は濃い黄色
  • 舌の色が赤かったり、黄色い苔がついている


  • 気滞タイプ ⇒ストレスなどで気が張っていたり、滞っている
    【特徴】
  • 些細なことでくよくよしたり、環境の変化に弱い
  • 生理前に体調が悪くなることが多い
  • 胸脇が張ったような感覚がある
  • ゲップやオナラが出やすい


  • 気虚タイプ
    イメージ
    年中だるい、風邪を引きやすいといった症状も、気虚タイプの特徴の一つ
     ⇒便は乾燥せず、栄養・体力不足が原因
    【特徴】
  • 顔色や舌の色が白っぽい
  • 疲れやすかったり、体力があまりない
  • 排便しても、なんだかすっきりしないことが多い
  • 無理なダイエットをした、もしくはダイエット中


  • 血虚タイプ ⇒血液や水分不足のため、腸を潤せない
    【特徴】
  • 顔色や髪にツヤがない、爪が割れやすい
  • 便はコロコロと乾燥している
  • めまいや立ちくらみなどをよくしやすい
  • 生理後や出産後である


  • 寒タイプ ⇒身体を温める機能が低下しているタイプ
    【特徴】
  • 生ものや、冷たいものが好き
  • 手足やお腹が冷えている、寒がり
  • 尿量が多かったり、トイレが近い
  • 舌には白い苔がついている


  • 当てはまる症状が多いタイプは何でしたか?


    次のページでは、それぞれの体質別に合わせた、おすすめの漢方薬をご紹介します。
    免責事項